ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

新作ファミリーミュージカル『カモメに飛ぶことを教えた猫』の稽古が始まりました!

1月中旬、新作ファミリーミュージカル『カモメに飛ぶことを教えた猫』の稽古が始まりました。

「稽古はじめ」が行われた1月某日、四季芸術センター(横浜市あざみ野)の稽古場に、本作に関わる俳優・スタッフが一同に集結。各々の表情からは、26年ぶりの新作ファミリーミュージカルの創作がこれから本格的に始まることに対する、程よい緊張感と期待が滲んでいます。

スタートラインに立ったこの日は、全編を通した本読み稽古が行われました。

物語の舞台はドイツ・ハンブルクの港町。ひん死の母カモメから卵をたくされた猫のゾルバが、彼女と交わした3つの約束を果たすため、仲間と力を合わせて奮闘します。

ダイナミックで親しみのある音楽にのせて、猫とカモメのヒナの温かい交流の物語が、色鮮やかに描かれていきました。

また、本作で演出を担当する山下純輝から、今後の稽古に向けて演出プランの説明が。

「私が掲げる目標は二つです。一つは、全員でテーマを等しく理解すること。一つは、全員で行動を積み重ねていくこと。 これらによってドラマは展開していきます。お客様に感動を届けるために頑張りましょう」と熱をこめて言葉をかけると、出演候補俳優たちは真剣な表情で受け止めていました。

こうして約1週間本読み稽古を重ね、稽古は次のステップへと進んでいきます。4月の開幕に向けついに始動した、劇団四季の新たな挑戦に、どうぞご期待ください。

『カモメに飛ぶことを教えた猫』稽古はじめの様子

『カモメに飛ぶことを教えた猫』稽古はじめの様子

本作で演出を担当する山下純輝

本作で演出を担当する山下純輝

本読み稽古の様子

本読み稽古の様子

PAGE TOP