ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

【動画追加】『キャッツ』が日本公演通算1万回を達成しました!

3月12日(火)、キャッツ・シアター(東京・大井町)で上演中のミュージカル『キャッツ』が日本公演通算1万回を達成しました。

1983年、日本初のロングラン公演として、劇団四季が運命をかけて挑んだ『キャッツ』。当時の演劇界では1ヵ月から長くても3ヵ月の公演が一般的であったのに対し、1年という誰もが想像し得なかった大ロングランを記録。以来、全国各地で上演されるたびに『キャッツ』旋風を巻き起こしてきました。そして今回、約9年ぶりとなるこの東京公演で、ついに日本公演通算1万回達成。日本演劇史上、『ライオンキング』に続く快挙を成し遂げました。

1万回公演当日は、これを記念した特別カーテンコールを実施。「メモリー」「オールドデュトロノミー」の特別バージョンが披露されると、カンパニーを代表してマンカストラップ役・加藤迪がご挨拶。「これからもお客様とともに、『キャッツ』の歴史の1ページを作っていきたいと思います」と述べると、客席からは大きな拍手が送られました。
会場が熱狂に包まれるなか、「ジェリクル舞踏会」にあわせてジェリクルキャッツがしなやかに舞い踊ると、「10000」の数字オブジェが登場。盛り上がりは最高潮に達し、カーテンコールは何度も繰り返されました。

こうして、日本の演劇史に新たな記録を刻んだ『キャッツ』。
また、1万回公演達成を記念し、4月24日(水)より最新版CD「ミュージカル『キャッツ』<メモリアルエディション>」を発売することが決定いたしました。これからも日本に旋風を起こし続ける本作を、どうぞお見逃しなく。

(撮影:上原タカシ)

日本公演通算10000回公演当日の様子。開場早々に賑わうロビー

日本公演通算10000回公演当日の様子。開場早々に賑わうロビー

当日ご来場のお客様に、記念の大入り袋が配布されました

当日ご来場のお客様に、記念の大入り袋が配布されました

グッズ売店では10000回記念グッズも好評発売中。観劇の記念にぜひお求めください

グッズ売店では10000回記念グッズも好評発売中。観劇の記念にぜひお求めください

入り口にはたくさんの祝い花が

入り口にはたくさんの祝い花が

日本公演通算10000回特別カーテンコールの様子

日本公演通算10000回特別カーテンコールの様子

カンパニーを代表してマンカストラップ役・加藤 迪がご挨拶

カンパニーを代表してマンカストラップ役・加藤 迪がご挨拶

PAGE TOP