ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

新作ファミリーミュージカル『カモメに飛ぶことを教えた猫』稽古が進んでいます!

開幕まで約1ヶ月となった、新作ファミリーミュージカル『カモメに飛ぶことを教えた猫』。今週も、横浜市あざみ野・四季芸術センターで行われている稽古の様子をご紹介します。

これまでポジションや動き、振付をつける「荒立ち稽古」を経て、場面ごとに区切って物語を深めていく「小返し稽古」を行ってきたカンパニー。

公演回数の多い「こころの劇場」を考慮して、稽古は俳優を2班に分けて交互に演じながら進行。自分の出番ではないときも、他の出演候補俳優の姿を見て学び、また休憩時間になると稽古で得たことをお互いに共有し合います。
稽古に参加するのは俳優だけではありません。稽古場には本作に関わるスタッフの姿も。稽古が進行するなかで見つけられた技術上の課題には、その場で改善策を提案。技術スタッフとクリエイティブスタッフそれぞれの知識や経験から意見を出し合い、より良い作品に昇華させていきます。
劇団四季にとって26年ぶりの挑戦である、新作ファミリーミュージカルの創作現場には、俳優・スタッフ全員が一つになり、ひたむきに取り組む姿がありました。


こうして稽古を積み重ね、3月上旬には劇団関係者に向けた「公開稽古」が始まりました。俳優・スタッフが稽古場に集まり、これまでの成果を見学。その後、見学者から感想や意見を募り、今後の創作に生かしていきます。

『カモメに飛ぶことを教えた猫』は、現在5月公演分まで発売中。仙台公演(宮城)、静岡公演(静岡)のチケットは、席種によっては残りわずか。お早目のご予約がおすすめです。
猫とカモメの心温まる物語、ぜひ劇場でお楽しみください!

(撮影:上原タカシ)
PAGE TOP