ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『魔法をすてたマジョリン』、ツアー最南端へ!石垣公演レポート

「こころの劇場」(※)として全国を巡演しているファミリーミュージカル『魔法をすてたマジョリン』。3月6日(水)・7日(木)、ツアー最南端となる沖縄県・石垣島にて公演が行われました。

2月末より沖縄本島を巡演していたカンパニーは、今月1日にはさらに南下し、宮古島へ。地元の方々の温かい心に触れながら公演を終えると、5日に石垣島に到着。
するとその足で、カンパニーを代表して俳優・生形理菜、髙橋徹のふたりが、石垣市教育委員会・石垣安志教育長をはじめ、石垣公演にご支援くださっている関係各社の皆さまの元へ表敬訪問に伺いました。

また同じ日、他の俳優たちは、八重山高校演劇部と地元の劇団に所属する小学生から高校生のためのミュージカルセミナーを実施。素直に吸収していく彼らの姿に俳優たちも刺激を受けながら、濃密な時間を過ごしました。

地元の皆様との交流を重ね、感謝を胸に臨んだ6日(水)の一般公演では、終演後に劇団四季代表取締役社長・吉田智誉樹より地元の皆様へポスターを贈呈。今年も石垣公演を実施できた喜びを分かちあいました。
翌7日(木)、「こころの劇場」公演が行われ、島内の子どもたちはもちろん、石垣島と隣接する竹富島、黒島、小浜島、波照間島、西表島、船浮島、鳩間島からも児童たちが船に乗って来場。33校約1000名の子どもたちが、マジョリンの冒険物語を夢中で見つめます。
終演後には、俳優・前田貞一郎、塚田正樹、澁谷陽香が、石垣市立新川小学校を訪問し『美しい日本語の話し方教室』を実施。
最後のひとときまで島の温もりに触れたカンパニーは、再び次の公演に向けて沖縄本島へと旅立っていきました。

『魔法をすてたマジョリン』は、今月24日(日)、長野県大町にて千秋楽を迎えます。マジョリンが繰り広げる思いやりに満ちた心温まるミュージカルを、どうぞお見逃しなく。

(※)「こころの劇場」は、一般財団法人舞台芸術センターと劇団四季が企画し、この趣旨にご賛同いただいた多くの企業・行政のご協力を得て実施しているプロジェクトです。

「こころの劇場」Yahoo!ネット募金 開設のお知らせ

一般財団法人舞台芸術センターでは、「こころの劇場」活動の趣旨にご賛同いただく皆様からの寄付の窓口として、「Yahoo!ネット募金」を開設しております。いただいたご寄付は、「こころの劇場」の活動に大切に使わせていただきます。皆様のご支援をお待ちしております。

(撮影:荒井 健、劇団四季)

新石垣空港にて、日本トランスオーシャン航空(JTA)八重山支社の皆様と一緒に。「お~りと~り」とは「いらっしゃいませ」という意味

新石垣空港にて、日本トランスオーシャン航空(JTA)八重山支社の皆様と一緒に。「お~りと~り」とは「いらっしゃいませ」という意味

石垣市教育委員会・石垣安志教育長(写真中央)を囲んで、株式会社八重山毎日新聞、平田観光株式会社、東運輸株式会社、日本トランスオーシャン航空株式会社八重山支社の皆様とともに

石垣市教育委員会・石垣安志教育長(写真中央)を囲んで、株式会社八重山毎日新聞、平田観光株式会社、東運輸株式会社、日本トランスオーシャン航空株式会社八重山支社の皆様とともに

株式会社八重山毎日新聞 黒島安隆代表取締役社長(写真中央右)と一緒に

株式会社八重山毎日新聞 黒島安隆代表取締役社長(写真中央右)と一緒に

石垣公演にご協力いただいている平田観光株式会社の皆様と一緒に

石垣公演にご協力いただいている平田観光株式会社の皆様と一緒に

左より、日本トランスオーシャン航空株式会社八重山支社・我那覇宗広支社長、石垣市中山義隆市長、劇団四季代表取締役社長・吉田智誉樹

左より、日本トランスオーシャン航空株式会社八重山支社・我那覇宗広支社長、石垣市中山義隆市長、劇団四季代表取締役社長・吉田智誉樹

3月5日に実施したミュージカルセミナーの様子。ひとつでも多くのことを吸収しようとする子どもたちの姿に俳優も刺激を受けます

3月5日に実施したミュージカルセミナーの様子。ひとつでも多くのことを吸収しようとする子どもたちの姿に俳優も刺激を受けます

3月6日の石垣での一般公演の運営には、前日に行われたセミナーに参加した八重山高校演劇部の皆様も手伝ってくださいました

3月6日の石垣での一般公演の運営には、前日に行われたセミナーに参加した八重山高校演劇部の皆様も手伝ってくださいました

一般公演終演後には、記念ポスターを贈呈。前列中央左より、平田観光株式会社・大場喜満代表取締役、株式会社八重山毎日新聞・黒島安隆代表取締役社長、日本トランスオーシャン航空株式会社八重山支社・我那覇宗広支社長

一般公演終演後には、記念ポスターを贈呈。前列中央左より、平田観光株式会社・大場喜満代表取締役、株式会社八重山毎日新聞・黒島安隆代表取締役社長、日本トランスオーシャン航空株式会社八重山支社・我那覇宗広支社長

3月7日の「こころの劇場」公演(石垣)。歌合戦のシーンでは、出演者と一緒に大きな声で歌う子どもたちの姿が

3月7日の「こころの劇場」公演(石垣)。歌合戦のシーンでは、出演者と一緒に大きな声で歌う子どもたちの姿が

終演後の出演者によるお見送りの様子

終演後の出演者によるお見送りの様子

「こころの劇場」石垣公演終演後に行われた『美しい日本語の話し方教室』の様子(左より澁谷陽香、塚田正樹、前田貞一郎)

「こころの劇場」石垣公演終演後に行われた『美しい日本語の話し方教室』の様子(左より澁谷陽香、塚田正樹、前田貞一郎)

3月3日、4日には、宮古島で一般公演と「こころの劇場」公演が行われました。宮古空港で出迎えてくださった宮古島商工会議所青年部、宮古島市文化振興友の会、日本トランスオーシャン航空株式会社宮古支社の皆様と一緒に

3月3日、4日には、宮古島で一般公演と「こころの劇場」公演が行われました。宮古空港で出迎えてくださった宮古島商工会議所青年部、宮古島市文化振興友の会、日本トランスオーシャン航空株式会社宮古支社の皆様と一緒に

3月1日、俳優・丹下博喜、澁谷陽香が宮古島市下地敏彦市長(写真中央左)を表敬訪問。宮古島商工会議所青年部、宮古島市文化振興友の会、日本トランスオーシャン航空株式会社宮古支社、宮古島市小中学校長会の皆様と一緒に

3月1日、俳優・丹下博喜、澁谷陽香が宮古島市下地敏彦市長(写真中央左)を表敬訪問。宮古島商工会議所青年部、宮古島市文化振興友の会、日本トランスオーシャン航空株式会社宮古支社、宮古島市小中学校長会の皆様と一緒に

宮古島市教育委員会宮國博教育長(中央右)を囲んで、宮古島商工会議所青年部、宮古島市文化振興友の会、日本トランスオーシャン航空株式会社宮古支社、宮古島市小中学校長会の皆様とともに

宮古島市教育委員会宮國博教育長(中央右)を囲んで、宮古島商工会議所青年部、宮古島市文化振興友の会、日本トランスオーシャン航空株式会社宮古支社、宮古島市小中学校長会の皆様とともに

同じく3月1日、俳優・塩地 仁(右)、塚田正樹(中央)、岡本直子(左)は宮古島市立西城小学校を訪問。小学4~6年生を対象に『美しい日本語の話し方教室』を行いました

同じく3月1日、俳優・塩地 仁(右)、塚田正樹(中央)、岡本直子(左)は宮古島市立西城小学校を訪問。小学4~6年生を対象に『美しい日本語の話し方教室』を行いました

3月2日、俳優・生形理菜、髙橋 徹のふたりは作品PRのため宮古テレビに出演

3月2日、俳優・生形理菜、髙橋 徹のふたりは作品PRのため宮古テレビに出演

終演後には、劇団四季専務取締役・越智幸紀から地元の皆様へポスターを贈呈。写真中央左より日本トランスオーシャン航空株式会社宮古空港所副所長国吉悟様、宮古島市小中学校長会会長乾邦夫様、宮古島市文化振興友の会会長根路銘康文様、宮古島商工会議所青年部会長坂口大明様

終演後には、劇団四季専務取締役・越智幸紀から地元の皆様へポスターを贈呈。写真中央左より日本トランスオーシャン航空株式会社宮古空港所副所長国吉悟様、宮古島市小中学校長会会長乾邦夫様、宮古島市文化振興友の会会長根路銘康文様、宮古島商工会議所青年部会長坂口大明様

3月4日の「こころの劇場」公演(宮古島)より、カーテンコールの様子

3月4日の「こころの劇場」公演(宮古島)より、カーテンコールの様子

3月8日には、「こころの劇場」に協賛いただいている琉球エアーコミューター株式会社様に移動をご協力いただき、俳優・髙橋 徹、塩地 仁、菅谷有希の3名が与那国町立与那国小学校を訪問

3月8日には、「こころの劇場」に協賛いただいている琉球エアーコミューター株式会社様に移動をご協力いただき、俳優・髙橋 徹、塩地 仁、菅谷有希の3名が与那国町立与那国小学校を訪問

この日、小規模離島の子どもたちとも交流したいという思いから、与那国島で初の『美しい日本語の話し方教室』が行われました

この日、小規模離島の子どもたちとも交流したいという思いから、与那国島で初の『美しい日本語の話し方教室』が行われました

PAGE TOP