ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

ファミリーミュージカル『魔法をすてたマジョリン』『王様の耳はロバの耳』が千秋楽を迎えました

3月24日(日)、約1年にわたり日本各地を旅してまわったファミリーミュージカル『魔法をすてたマジョリン』と『王様の耳はロバの耳』が千秋楽を迎えました。
北は北海道・利尻島から南は沖縄県・宮古島、石垣島まで、『魔法をすてたマジョリン』は101都市295公演(内、「こころの劇場」(※1)は75都市249公演)、『王様の耳はロバの耳』は126都市242公演(内、「こころの劇場」は83都市181公演、クリスマスチャリティー公演(※2)は22都市22公演)を実施しました。

昨年4月より全国を巡演していた『魔法をすてたマジョリン』。迎えた千秋楽公演、会場となった長野県・大町市文化会館は、たくさんのご家族連れで賑わいました。ナンバーごとに手拍子をしたり、主人公・マジョリンや魔女・ニラミンコの呼びかけに対して素直にリアクションしたり、客席は温かい雰囲気に包まれます。終演後のロビーでは、お見送りをする出演者たちに涙を流しながら感動を伝えるお客様の姿も。

一方、『王様の耳はロバの耳』は昨年5月に開幕し、「こころの劇場」10周年当日にあたる同月9日(水)より「こころの劇場」もスタートしました。鹿児島県・志布志市文化会館にて迎えた千秋楽当日は、春の陽気に包まれるなか、こちらも多くのご家族の方がご来場。終演後、お見送りをする出演者とハイタッチをしながら劇場を後にするお客様からは、笑顔がこぼれていました。

『魔法をすてたマジョリン』と『王様の耳はロバの耳』は千秋楽を迎えましたが、2019年度は、劇団四季の新作ファミリーミュージカル『カモメに飛ぶことを教えた猫』とファミリーミュージカルの原点である『はだかの王様』の2作品をお届けします。お近くの劇場へ、ぜひお越しください!

(※1)「こころの劇場」は、一般財団法人舞台芸術センターと劇団四季が企画し、この趣旨にご賛同いただいた多くの企業・行政のご協力を得て実施しているプロジェクトです。

(※2)クリスマスチャリティー公演は、「ハンディキャップを持つ方々に夢や希望を届けたい」という思いから日産労連組合員が福祉活動の一環として行っている公演です。

「こころの劇場」Yahoo!ネット募金 開設のお知らせ

一般財団法人舞台芸術センターでは、「こころの劇場」活動の趣旨にご賛同いただく皆様からの寄付の窓口として、「Yahoo!ネット募金」を開設しております。いただいたご寄付は、「こころの劇場」の活動に大切に使わせていただきます。皆様のご支援をお待ちしております。

『魔法をすてたマジョリン』千秋楽公演の舞台仕込みの様子。今回のツアー公演で初めて雪が降るなかでの作業となりましたが、開場時にはすっかり晴れて暖かな気温に

『魔法をすてたマジョリン』千秋楽公演の舞台仕込みの様子。今回のツアー公演で初めて雪が降るなかでの作業となりましたが、開場時にはすっかり晴れて暖かな気温に

『魔法をすてたマジョリン』千秋楽カーテンコールの様子

『魔法をすてたマジョリン』千秋楽カーテンコールの様子

終演後のロビーでの出演者たちによるお見送りの様子

終演後のロビーでの出演者たちによるお見送りの様子

『王様の耳はロバの耳』の千秋楽当日は晴天に恵まれ、会館の近くにある桜が咲き始めていました

『王様の耳はロバの耳』の千秋楽当日は晴天に恵まれ、会館の近くにある桜が咲き始めていました

『王様の耳はロバの耳』千秋楽カーテンコールの様子

『王様の耳はロバの耳』千秋楽カーテンコールの様子

終演後の出演者たちによるお見送りの様子

終演後の出演者たちによるお見送りの様子

PAGE TOP