ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『パリのアメリカ人』横浜公演にて、第1回「リハーサル見学会」が行われました

3月26日(火)、ミュージカル『パリのアメリカ人』横浜公演(KAAT 神奈川芸術劇場〈ホール〉)にて、劇場イベント「リハーサル見学会」が開催されました。

先週開幕した横浜公演において、初の実施となった今回のイベント。この日は、2幕冒頭のナンバー「足がウズウズ(フィジティー・フィート)」のリハーサルを行いました。品格あるパーティから一変、主人公ジェリーを発端に、やがてその場にいる全員を巻き込んで歌って踊っての大騒ぎになるシーンです。
椅子を使った振付、早いテンポ、目まぐるしく変わる多様なフォーメーション......難しい要素が詰まったこのナンバーを、ダンスキャプテンの村上今日子が一つひとつ丁寧に確認していきます。

イベントの後半には、斎藤洋一郎(アダム・ホックバーグ)、吉岡慈夢(アンサンブル)、平井佑季(アンサンブル)、吉村菜奈子(アンサンブル)、藤本典子(アンサンブル)の5名が登場し、質問コーナーを実施。吉岡による司会進行のもと、お客様から寄せられた様々な質問に答え、楽しいひとときとなりました。

「リハーサル見学会」はこのあと、4月9日(火)にも開催。 さらに、出演者によるトークイベント「オフステージトーク」を4月4日(木)、4月17日(水)に実施します(いずれも「四季の会」会員限定)。
ぜひ観劇とあわせてお楽しみください!

<『パリのアメリカ人』横浜公演 イベント開催概要>

オフステージトーク

□対象公演
4月4日(木)13:30公演 <テーマ:クリストファー・ウィールドンの振付>
4月17日(水)13:30公演 <テーマ:舞台版と映画版の違い>
□対象者 会員1名様+お連れのお客様(人数制限なし)

リハーサル見学会

□対象公演 4月9日(火)18:30公演
□対象者 一般のお客様もご参加いただけます(人数制限なし)

2幕最初のナンバー「足がウズウズ(フィジティー・フィート)」のリハーサルの様子

2幕最初のナンバー「足がウズウズ(フィジティー・フィート)」のリハーサルの様子

振りや位置を細かく確認していくダンスキャプテン・村上今日子

振りや位置を細かく確認していくダンスキャプテン・村上今日子

シーンごとに細かく区切って確認したあとは、本番同様の照明と音楽を入れて通します

シーンごとに細かく区切って確認したあとは、本番同様の照明と音楽を入れて通します

イベントの後半は、質問コーナーへ(左より吉岡慈夢、平井佑季、吉村菜奈子、藤本典子、斎藤洋一郎)

イベントの後半は、質問コーナーへ(左より吉岡慈夢、平井佑季、吉村菜奈子、藤本典子、斎藤洋一郎)

この日、司会進行を務めた吉岡慈夢

この日、司会進行を務めた吉岡慈夢

「横浜で行きたい場所は?」という質問には、「山下公園でぼーっとしたい(平井佑季)」「中華街で美味しいものを食べたい!(吉村菜奈子)」という回答が

「横浜で行きたい場所は?」という質問には、「山下公園でぼーっとしたい(平井佑季)」「中華街で美味しいものを食べたい!(吉村菜奈子)」という回答が

「終演後、ほっとする瞬間は?」という質問に、「家に着いたとき。帰るまでがパリアメです」と答える藤本典子と、「無事になにごともなく終演し、劇場を出た瞬間」と答える斎藤洋一郎

「終演後、ほっとする瞬間は?」という質問に、「家に着いたとき。帰るまでがパリアメです」と答える藤本典子と、「無事になにごともなく終演し、劇場を出た瞬間」と答える斎藤洋一郎

PAGE TOP