ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

新作ファミリーミュージカル『カモメに飛ぶことを教えた猫』舞台稽古が行われています

開幕まで2週間を切った新作ファミリーミュージカル『カモメに飛ぶことを教えた猫』。四季芸術センター(横浜市あざみ野)での稽古を終え、今月初旬には自由劇場で舞台稽古が行われていました。

舞台上には、物語の舞台となるハンブルクの港町をはじめとした、個性豊かな登場人物たちが暮らす世界が色鮮やかに広がります。

今回の舞台稽古は、初日の会場・相模女子大学グリーンホールの舞台環境を踏まえて組んだセットのなかで進行。

俳優の立ち位置などを確認する「場あたり」や、舞台転換の段取り、装置・照明・音響といった技術面の調整を並行して行っていきます。技術スタッフはこの舞台稽古がはじまる4日前から劇場入りし、舞台設営と調整を進めてきました。限られた時間の中で、てきぱきと集中して進んでいく舞台稽古。俳優たちは、稽古場とは異なる舞台の距離感や客席の空間を意識し、歌やダンス、芝居を確認していきます。

このあと、いよいよカンパニーは開幕の会場、神奈川県相模原市・相模女子大学グリーンホールへ。この作品を皆様にお披露目する日まで、もうまもなくです。どうぞお楽しみに!

舞台稽古初日。舞台監督の説明に耳を傾ける俳優たち

舞台稽古初日。舞台監督の説明に耳を傾ける俳優たち

舞台稽古の様子

舞台稽古の様子

PAGE TOP