ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『パリのアメリカ人』横浜公演にて、第2回「リハーサル見学会」が行われました

4月9日(火)、ミュージカル『パリのアメリカ人』横浜公演(KAAT 神奈川芸術劇場〈ホール〉)にて、第2回「リハーサル見学会」が開催されました。

この日は、主人公ジェリーとその友人アダム・アンリの3人が「愛こそすべて」と歌うナンバー「スワンダフル」、ヒロインのリズがバレエのオーディションを受ける「セカンド プレリュード」、2幕終盤のビッグナンバー「パリのアメリカ人」と、3つのシーンのリハーサルを実施。 俳優たちが踊りながら舞台セットを転換するこの作品では、日々の細かい確認が欠かせません。ダンスキャプテンの村上今日子が中心となり、転換の稽古や、立ち位置・振付のチェックなど、丁寧に行っていきました。

リハーサルを終えると、続いて質問コーナーへ。今回司会進行を務めた村上の呼びかけで、松島勇気(ジェリー・マリガン役)、近藤合歓(リズ・ダッサン役)、味方隆司(ムッシュー・ボーレル役)、木村智秋(オルガ役)の4名が登場。お客様から寄せられたさまざまな質問に答え、盛り上がるひとときとなりました。

『パリのアメリカ人』横浜公演では、来週17日(水)には"舞台版と映画版の違い"をテーマにした「オフステージトーク」を開催。また、今後も「バックステージツアー」「ファンミーティング」など、多彩なイベントを実施します!カンパニー一同、皆様のご来場をお待ちしております。

<『パリのアメリカ人』横浜公演 イベント開催概要>

オフステージトーク

□対象公演 4月17日(水)13:30公演 <テーマ:舞台版と映画版の違い>
□対象者 会員1名様+お連れのお客様(人数制限なし)

バックステージツアー

□対象公演 5月10日(金)、23日(木)各13:30公演
□対象者 会員1名様+お連れのお客様1名(定員200名)
※要参加申込、先着順

ファンミーティング

□対象公演 6月13日(木)、28日(金)各13:30公演
□対象者 会員1名様+お連れのお客様1名(定員350名)
※要参加申込、先着順

1幕のナンバー「スワンダフル」のリハーサルの様子

1幕のナンバー「スワンダフル」のリハーサルの様子

続いて2幕のナンバー「パリのアメリカ人」へ。ダンスキャプテンの村上今日子が、女性アンサンブル4人によるバレエシーンを細かく確認します

続いて2幕のナンバー「パリのアメリカ人」へ。ダンスキャプテンの村上今日子が、女性アンサンブル4人によるバレエシーンを細かく確認します

副ダンスキャプテンの照沼大樹が、客席から全体をチェック

副ダンスキャプテンの照沼大樹が、客席から全体をチェック

この日は、最後に本番同様の音響と照明をつけて1幕のナンバー「セカンド プレリュード」のリハーサルを行いました

この日は、最後に本番同様の音響と照明をつけて1幕のナンバー「セカンド プレリュード」のリハーサルを行いました

続いて実施された質問コーナー。左から、村上今日子、味方隆司、近藤合歓、松島勇気、木村智秋

続いて実施された質問コーナー。左から、村上今日子、味方隆司、近藤合歓、松島勇気、木村智秋

いわく“平成最後のリハーサル見学会”を盛り上げた司会進行役・村上今日子

いわく“平成最後のリハーサル見学会”を盛り上げた司会進行役・村上今日子

「カンパニーのなかで面白い人は?」という質問では、松島勇気と近藤合歓がお互いの名前を回答

「カンパニーのなかで面白い人は?」という質問では、松島勇気と近藤合歓がお互いの名前を回答

PAGE TOP