ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『リトルマーメイド』で海外クリエイティブスタッフによる稽古が行われました

現在、札幌と大阪の2都市で上演中のディズニーミュージカル『リトルマーメイド』。日本上演6周年を迎えた4月上旬、海外クリエイティブスタッフによる稽古が行われました。

今回、本作のブラッシュアップのため来日したのは、振付担当のジョン・マッキネスさん。横浜市あざみ野・四季芸術センターには両公演に出演中のキャストやこれまでの出演経験者が集まり、休演日の2日間を利用して濃密な稽古が実施されました。
「失敗大歓迎!心の底から楽しんでいる姿をみせてください」と明るく伝え、カンパニーの緊張をほぐしながら稽古を進めていくジョンさん。主人公アリエルと王子エリックが心を通わせる「一歩ずつ」、カニのセバスチャンが海の素晴らしさを歌う1幕のビッグナンバー「アンダー・ザ・シー」など、ナンバーごとに振りを確認していきます。俳優たちは、ジョンさんから細かい振りのニュアンスの違いや、キャラクターの背景にある心情を説明されると、即座にダンスや演技に反映。みるみるうちに、一つひとつのシーンに磨きがかかっていきました。

ジョンさんの言葉を身体に落とし込んだ俳優たちは、再びそれぞれの公演地へ。想像を超えた海の世界が、劇場で皆様をお待ちしています。圧倒的な幸福感に包まれた本作を、どうぞお見逃しなく!

(撮影:下坂敦俊)

ブラッシュアップ稽古のため来日した振付のジョン・マッキネスさん(中央)

ブラッシュアップ稽古のため来日した振付のジョン・マッキネスさん(中央)

「一歩ずつ」の稽古の様子。ジョンさんは、「ふたりとも子どもに戻って遊んでください。言葉がなくても分かりあえて、最後にはお互い恋しちゃうんですよ!」とアドバイス

「一歩ずつ」の稽古の様子。ジョンさんは、「ふたりとも子どもに戻って遊んでください。言葉がなくても分かりあえて、最後にはお互い恋しちゃうんですよ!」とアドバイス

カモメのスカットルたちがアリエルを励ますタップナンバー「マエムキニ」では、ジョンさんもタップシューズに履き替えてステップを披露

カモメのスカットルたちがアリエルを励ますタップナンバー「マエムキニ」では、ジョンさんもタップシューズに履き替えてステップを披露

ジョンさんの指導で、ますますダイナミックでエネルギッシュなダンスシーンになっていった「アンダー・ザ・シー」

ジョンさんの指導で、ますますダイナミックでエネルギッシュなダンスシーンになっていった「アンダー・ザ・シー」

魔女アースラが歌う「パパのかわいい天使」では、アースラの触手・テンタクルスと、アースラの上半身との一体感を確認

魔女アースラが歌う「パパのかわいい天使」では、アースラの触手・テンタクルスと、アースラの上半身との一体感を確認

PAGE TOP