ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『ジーザス・クライスト=スーパースター』の稽古場から――小返し稽古レポート

東京公演開幕まで残り1ヵ月を切った『ジーザス・クライスト=スーパースター』<エルサレム・バージョン>。
4月下旬。稽古は、立ち位置や導線を確認するステージングを終え、芝居を深めていくための小返し稽古へと進んでいました。

「進化をめざして、新しい発見をしていってください」

稽古がはじまる前、俳優たちに声をかけたのは、稽古の進行・管理を務める礒津ひろみ。今回の公演では、演出家・浅利慶太から直接指導をうけた出演経験者数人が中心となり、俳優たちの指導にあたっています。
はじめに取り組んだのは、オープニングナンバー「序曲」を"聴く"という作業。
「じっと聴いていると、演奏のなかから物語が見えてくると思います。音楽を聴いて感じたことを身体に通して、芝居で表現していってください」

全身で音楽を浴び、精神をゆだねていったあと、いよいよ1幕冒頭から小返し稽古がはじまりました。青年・ジーザスが十字架に架けられるまでの7日間を描くこの物語。序章となる幕明けは、ジーザスを救い主とあがめる群衆、敬い慕うマリア、教えを乞う使徒、そして、彼に身の危険を諭すユダ――それぞれのジーザスへの想いや関係性を示し、また、"これから何かが起こること"を予兆させます。

「ユダやジーザスの言葉に対して、もう少し具体的にリアクションを」
そうアドバイスを送った後、試験的に、決められた振付に縛られず、自由に交流して自然な心の動きを確認し合う稽古も。
こうして物語を深めていく濃密な作業は、開幕まで続きます。

東京公演は、すべての前売りチケットが完売につき、6月開幕の名古屋公演がおすすめです。
「浅利慶太追悼公演」と銘打ち、上演される熱き舞台『ジーザス・クライスト=スーパースター』に、どうぞご期待ください。

(撮影:上原タカシ)

PAGE TOP