ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

ツアー最北の離島へ――『カモメに飛ぶことを教えた猫』利尻公演レポート(後編)

ツアー最北の離島、北海道・利尻島にやってきたミュージカル『カモメに飛ぶことを教えた猫』カンパニー。

8月20日(火)、21日(水)には、「利尻町交流促進施設どんと」にて、利尻島内の小・中・高校生約450名と、隣接する礼文島の小・中・高校生約270名を招待する、「こころの劇場」公演(※)が行われました。

20日(火)の公演には、利尻町・利尻富士町の子どもたちが来場。外はあいにくの雨模様でしたが、会場に集まった子どもたちは元気いっぱい。幕が上がると、物語の世界に引き込まれるように、真剣な表情で舞台を見つめていました。

21日(水)には、利尻島の北西に位置する礼文島の子どもたちがフェリーに乗って来場しました。開演前には、リーフレットに書かれた登場人物紹介やあらすじを読みながら、これから始まる物語に期待を膨らます姿も。カーテンコールでは自然と大きな拍手が起こり、会場は子どもたちの笑顔であふれていました。

今回の利尻公演では、「こころの劇場」のほかに、利尻町開基120周年記念事業の一環として、町民の方々へ向けた一般公演を実施。多くの皆様に公演をお楽しみいただきました。

島の皆様の温かい歓迎や、子どもたちの笑顔を胸に、カンパニーは次の公演地・稚内へと出発。来年3月まで、日本全国を巡演します。 皆様の近くの街を訪れる日を、どうぞお楽しみに!

(※1)「こころの劇場」は、一般財団法人舞台芸術センターと劇団四季が企画し、この趣旨にご賛同いただいた多くの企業・行政のご協力を得て実施しているプロジェクトです。

一般財団法人舞台芸術センターでは、「こころの劇場」活動の趣旨にご賛同いただく皆様からの寄付の窓口として、「Yahoo!ネット募金」を開設しております。いただいたご寄付は、「こころの劇場」の活動に大切に使わせていただきます。皆様のご支援をお待ちしております。

20日(火)、「こころの劇場」利尻公演の様子

20日(火)、「こころの劇場」利尻公演の様子

まもなく開演。物語への期待を膨らませます

まもなく開演。物語への期待を膨らませます

21日(水)、礼文島の子どもたちがフェリーに乗ってやってきました。「こんにちは!」と元気な挨拶が

21日(水)、礼文島の子どもたちがフェリーに乗ってやってきました。「こんにちは!」と元気な挨拶が

会場は子どもたちの笑顔であふれます

会場は子どもたちの笑顔であふれます

カーテンコールの様子

カーテンコールの様子

終演後、ロビーでのお見送りの様子

終演後、ロビーでのお見送りの様子

少し照れながらも、俳優たちとハイタッチをする子どもたち

少し照れながらも、俳優たちとハイタッチをする子どもたち

20日(火)に行われた、一般公演でのお見送りの様子。「おもしろかったです」と俳優一人ひとりに感想を伝えてくださるお客様も

20日(火)に行われた、一般公演でのお見送りの様子。「おもしろかったです」と俳優一人ひとりに感想を伝えてくださるお客様も

21日(水)公演終了後、利尻町役場の方々に島の観光名所をご案内いただきました。利尻町公式キャラクター“りしりん”と一緒に(左から、町田兼一、前田更紗、厂原時也、宮澤聖礼、志村 要)

21日(水)公演終了後、利尻町役場の方々に島の観光名所をご案内いただきました。利尻町公式キャラクター“りしりん”と一緒に(左から、町田兼一、前田更紗、厂原時也、宮澤聖礼、志村 要)

神居海岸パークにてウニ採りに挑む3人。漁師さんと同じ方法でウニを採る体験ができます

神居海岸パークにてウニ採りに挑む3人。漁師さんと同じ方法でウニを採る体験ができます

仙法志御崎公園では、アザラシの餌やりを体験

仙法志御崎公園では、アザラシの餌やりを体験

どんと岬にて、利尻富士をバックに

どんと岬にて、利尻富士をバックに

公演を終えて、出発の朝。利尻町役場の皆様がお見送りに来てくださいました

公演を終えて、出発の朝。利尻町役場の皆様がお見送りに来てくださいました

カンパニーは利尻島を出発し、次なる公演地・稚内へ。全国の皆様に感動をお届けする旅はまだまだ続きます!

カンパニーは利尻島を出発し、次なる公演地・稚内へ。全国の皆様に感動をお届けする旅はまだまだ続きます!

PAGE TOP