ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

ミュージカル『エビータ』全国公演、開幕!

本日8月25日(日)、ミュージカル『エビータ』全国公演が相模原(神奈川県)で開幕しました。

昨年7月に永眠した劇団四季の創立者で演出家の浅利慶太を偲び、浅利が手掛けた数多くの演出作品のなかから選りすぐりの5つの舞台を上演する「浅利慶太追悼公演」。その一つであるミュージカル『エビータ』は、より多くのお客様にご覧いただきたいと、およそ4ヵ月にわたって北は北海道から南は沖縄県まで、全国56都市で上演します。

アルゼンチンの片田舎で私生児として生まれながら、大統領夫人の座にのぼりつめたエビータことエバ・ペロン。浅利演出版では、そのヒロイン・エビータを、野心に満ちた情熱的な人物として多面的に描き、奥深いドラマへと昇華させました。

音楽は、アンドリュー・ロイド=ウェバー作曲、ティム・ライス作詞。誰もが聴き馴染みある楽曲で、33歳の若さでこの世を去ったエビータの、強くも儚い生涯が綴られます。

実に12年ぶりとなる全国公演の初日の会場「相模女子大学グリーンホール」には、たくさんのお客様が来場され、客席は満席に。カーテンコールでは会場いっぱいに熱い喝采が響き渡りました。

『エビータ』全国公演は、関東エリアで上演したのち、関西・東海・北陸・甲信越・北海道・東北・中国・四国、そして九州エリアと巡演します。

関東では、今なら川崎公演(8月28日(水)・29日(木))、千葉公演(9月4日(水))に空席がございます。

お近くの街で、ぜひご堪能ください。

※舞台写真は前日に行われた舞台稽古より

満席の客席から、総立ちで熱い拍手が送られました

満席の客席から、総立ちで熱い拍手が送られました

『エビータ』全国公演初日の会場「相模女子大学グリーンホール」は満席に

『エビータ』全国公演初日の会場「相模女子大学グリーンホール」は満席に

「浅利慶太追悼公演」として上演する本公演。ロビーには浅利の写真を展示したコーナーが

「浅利慶太追悼公演」として上演する本公演。ロビーには浅利の写真を展示したコーナーが

爽やかなアルゼンチン・ブルーが印象的な公演プログラムも好評発売中

爽やかなアルゼンチン・ブルーが印象的な公演プログラムも好評発売中

カーテンコールの様子。熱い拍手に手を振って応える出演者たち

カーテンコールの様子。熱い拍手に手を振って応える出演者たち

エビータ役・鳥原ゆきみ(中央)、チェ役・飯田洋輔(左)、ペロン役・佐野正幸(右)

エビータ役・鳥原ゆきみ(中央)、チェ役・飯田洋輔(左)、ペロン役・佐野正幸(右)

『エビータ』全国ツアーは12月まで。ぜひお近くの劇場でご覧ください!

『エビータ』全国ツアーは12月まで。ぜひお近くの劇場でご覧ください!

PAGE TOP