ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『ライオンキング』福岡公演にて、第1回「オフステージトーク」が開催されました!

10月2日(水)『ライオンキング』福岡公演にて、第1回「オフステージトーク」が開催されました。
この日のトークテーマは、「縁の下の力持ち!もっと知りたいアンサンブルの世界!」。
ナラ役・木内志奈が司会進行役となり、サラビ役・川原晶絵、アンサンブル・坂本剛、中田雄太、寒河江幸弘がトークを繰り広げました。

俳優たちは自分たちが出演している場面について話題に。寒河江からは衣裳替えの回数や早替えの難しさについて、動物や植物を演じる坂本からは役作りやパペットの動きについてなど、いくつもの役を担うアンサンブルならではの話が挙がります。また、川原からは雌ライオンのマスクや衣裳の色や形に込められた秘密が明かされるなど、普段は聞くことのできない裏話にお客様は熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

また中田は、本番中にアンサンブルたちが舞台袖で歌唱する"影コーラス"について紹介し、ワンフレーズを披露。客席からは見えないアンサンブルの魅力をご紹介しました。イベント終了後には「また観に行きたくなった!」という感想も。

『ライオンキング』福岡公演でのイベントは、残りわずかとなっております。
次回は、10月23日(水)「オフステージトーク」を、テーマを変えて実施します。
『ライオンキング』をより身近に感じていただけるこの機会、ご観劇とあわせてぜひお楽しみください。

左から、木内志奈、中田雄太、坂本 剛、寒河江幸弘、川原晶絵

左から、木内志奈、中田雄太、坂本 剛、寒河江幸弘、川原晶絵

イベント後半には、じゃんけん大会も

イベント後半には、じゃんけん大会も

PAGE TOP