ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

「劇団四季オーディション」が開催されました

10月26日(土)から28日(月)までの3日間、四季芸術センター(横浜市あざみ野)にて「劇団四季オーディション」が開催されました。

今回は即戦力となる才能を発掘する「一般」と、1年間にわたり舞台俳優になるためのレッスンを積む「研究生」オーディションを同時に開催。応募総数約1,400通の中から、書類審査を通過した約300名の男女がオーディションに臨みました。

オーディション当日、受験者たちが緊張の面持ちで四季芸術センターへとやってきます。
会場の案内やダンス審査のための振り写しなど彼らをサポートするのは、自身もかつて受験者であった俳優たち。彼らの緊張を少しでも和らげようと、明るく声をかけ、笑顔を送ります。

控室では、受験者たちが発声練習やストレッチをしたり、深呼吸をして気持ちを整えたりと、それぞれの方法で準備を進めていました。オーディション会場は、おもに「ヴォーカル・クラシック」「ヴォーカル・ポピュラー」「ジャズダンス」「クラシックバレエ」「演技」の5つの部門にわかれて審査が行われます。
そして、いよいよ審査会場へ――。ピンと張りつめた空気、一身に浴びる審査員の視線。受験者番号が読み上げられると、限られた短い時間のなかで夢を掴むためにすべてをかけたパフォーマンスが披露されてゆきました。

こうして厳しい審査によって選び抜かれた一握りの男女が、未来の劇団員としてお客様に感動をお届けするチャンスを得ることになるのです。新たな才能が芽吹く日を、どうぞお楽しみに!

「研究生」オーディションの様子

「研究生」オーディションの様子

「一般」オーディションの様子

「一般」オーディションの様子

PAGE TOP