ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『ノートルダムの鐘』福岡公演に向け、出演者が福岡でPR活動を行いました――「キャナルパノラマイルミネーション点灯式」にも登場!

来年2月17日、福岡・キャナルシティ劇場にて開幕する、ミュージカル『ノートルダムの鐘』。開幕に先がけ、11月14、15日の2日間、カジモド役のひとり・飯田達郎、エスメラルダ役のひとり・松山育恵が福岡市内にてPR活動を行いました。

地元テレビやラジオ、新聞のインタビューなど2日間で計12社を訪問。日本初演時から本作に携わっている飯田は、作品の見どころについて「作曲家アラン・メンケンによる楽曲は、この作品の大きな魅力の一つ。舞台上にいるクワイヤ(聖歌隊)にも注目してほしい」とアピール。松山は「一度観たら人生観が変わる作品。福岡の皆さんにもぜひ観に来ていただきたい」と熱い想いを語りました。

この様子は、劇団四季公式Twitter「#ノートルダム福岡」にて詳しくご紹介しています。

15日には、キャナルシティ博多にて行われた「キャナルパノラマイルミネーション点灯式」にも登場。スペシャルトークショーでは作品の魅力をしっかりお届けし、劇中ナンバーより「陽ざしの中へ」「神よ 弱き者を救いたまえ」を披露。会場のお客様からは盛大な拍手が。期待感の高まる中、いよいよ点灯の瞬間を迎えます。福岡市少年少女合唱団のハミングに合わせてふたりが鐘を鳴らすと、一斉にイルミネーションが点灯! 噴水で表現されたツリー"アクアツリー"も出現し、飯田と松山は「とても綺麗ですね」と声を合わせて、美しいイルミネーションに見入っていました。

『ノートルダムの鐘』福岡公演のチケットは、現在「四季の会」会員先行予約を受付中(2月17日(月)~5月6日(水・休)公演分)。一般発売は、11月24日(日)よりスタートします。九州初上演となるこの機会を、どうぞお見逃しなく!

「キャナルパノラマイルミネーション点灯式」の様子

「キャナルパノラマイルミネーション点灯式」の様子

「陽ざしの中へ」を披露するカジモド役のひとり・飯田達郎

「陽ざしの中へ」を披露するカジモド役のひとり・飯田達郎

「神よ 弱き者を救いたまえ」を披露するエスメラルダ役のひとり・松山育恵

「神よ 弱き者を救いたまえ」を披露するエスメラルダ役のひとり・松山育恵

ふたりが鐘を鳴らすと、一斉にイルミネーションが点灯!

ふたりが鐘を鳴らすと、一斉にイルミネーションが点灯!

PAGE TOP