ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

劇団四季が横浜市の最高顕彰「第68回 横浜文化賞」を受賞しました

この度、横浜市の最高顕彰である「第68回 横浜文化賞」を、劇団四季が受賞しました。
11月22日(金)には、「横浜みなとみらいホール」にて贈呈式が行われ、劇団四季代表取締役会長・佐々木典夫らが出席。林文子横浜市長から、表彰状とトロフィーなどを授与されました。

「横浜文化賞」は、横浜市の芸術、学術、教育等の文化の発展に寄与し、その功績が顕著な個人・団体に贈られる賞です。
今年度、劇団四季は、「文化・芸術部門」で受賞。横浜市内に稽古場などの本拠地をおき、日本全国に世界水準の舞台芸術を発信し続けていること。また、一般財団法人 舞台芸術センターとともに、これまでに市内約56万人の子どもたちをミュージカルに招待した「こころの劇場」や、小学校を訪問して俳優が言葉をはっきりと話すための授業を行う「美しい日本語の話し方教室」などの取り組みが評価されました。

林 文子横浜市長
「劇団四季さんがあざみ野に稽古場をつくられた当時の思い出が胸をよぎります。 「こころの劇場」で子どもたちがミュージカルに触れる機会をいただいています。子どもたちが大人になったとき、今度は自分の意志で劇場にきて、またその時に自分の子どもを連れてくるのではないでしょうか。横浜の劇場文化のさらなる発展が、私の願いです」

劇団四季代表取締役会長 佐々木典夫
「今日いただいたこの栄誉ある賞は、劇団に所属する1,500名みんなで分かち合いたいと思います。横浜市でのロングラン公演を含めて、劇団四季は年間で3,100回の公演を実施。そのうち、約500回の「こころの劇場」を行っています。これからの未来を担う子どもたちに、舞台の感動を通じて大切なことを伝えたいと取り組んでまいりました。今から36年前より横浜に本部を移しておりますが、これからも横浜市民として、しっかりと活動を継続してまいります」

横浜市を本拠地として活動する劇団四季。これからも地元・横浜市への貢献に尽力するとともに、この地で創造した演劇の感動を、日本全国に届け、文化の発展に努めてまいります。

「第68回 横浜文化賞 贈呈式・記念コンサート」にて、表彰を受ける劇団四季代表取締役会長・佐々木典夫

「第68回 横浜文化賞 贈呈式・記念コンサート」にて、表彰を受ける劇団四季代表取締役会長・佐々木典夫

栄誉ある賞を受け、劇団四季を代表して喜びと感謝を述べる佐々木典夫

栄誉ある賞を受け、劇団四季を代表して喜びと感謝を述べる佐々木典夫

林 文子横浜市長および「第68回 横浜文化賞」受賞者の皆様と

林 文子横浜市長および「第68回 横浜文化賞」受賞者の皆様と

PAGE TOP