ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『ライオンキング』福岡公演が千秋楽を迎えました

1月13日(月・祝)、『ライオンキング』福岡公演(キャナルシティ劇場)が千秋楽を迎えました。
約10年ぶりとなった今回の福岡公演には、のべ27万人のお客様にご来場いただきました。

カーテンコールでは、出演者を代表し、地元・福岡出身でシンバ役の田中彰孝が、「これからも福岡、そして九州のお客様に演劇の感動をお届けできるよう精いっぱい努めてまいります」とご挨拶。出演者全員で「サークル・オブ・ライフ(リプライズ)」を歌唱すると、スタンディングオベーションとなった客席からは、鳴りやまない熱い拍手が送られました。

世代を超えて各地で愛され続けているミュージカルの王者『ライオンキング』は、3月26日(木)より、14年ぶりの名古屋へ。

また、福岡・キャナルシティ劇場では、2月17日(月)よりミュージカル『ノートルダムの鐘』を九州初上演。15世紀末のパリを舞台にしながら、現代に通じる社会的テーマを含んだ本作。福岡公演では、作品をより深くお楽しみいただける様々なイベントも開催します。熱く繰り広げられる重厚な人間ドラマに、どうぞご期待ください。

『ノートルダムの鐘』福岡公演

2月17日(月)~5月6日(水・休)公演分まで発売中!

『ライオンキング』名古屋公演

3月26日(木)~8月30日(日)公演分まで発売中!

『ライオンキング』福岡公演千秋楽カーテンコールの様子

『ライオンキング』福岡公演千秋楽カーテンコールの様子

劇場ロビーのフォトスポットには、「ありがとう福岡」のメッセージとともに出演者のサインが

劇場ロビーのフォトスポットには、「ありがとう福岡」のメッセージとともに出演者のサインが

出演者を代表し、シンバ役の田中彰孝がお客様へ感謝の言葉を述べました

出演者を代表し、シンバ役の田中彰孝がお客様へ感謝の言葉を述べました

PAGE TOP