ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『ノートルダムの鐘』福岡公演の総稽古が行われました

いよいよ来週17日(月)に開幕するミュージカル『ノートルダムの鐘』福岡公演(キャナルシティ劇場)。

2月8日(土)、四季芸術センター(横浜市あざみ野)では、劇場に移る前の最終稽古となる「総稽古」が行われました。
この様子を一目見ようと、稽古場に集まった大勢の劇団関係者たち。稽古開始の時間が近づくと、稽古場は自然と静まり返り、緊張感に包まれます。

物語の始まりを告げる鐘の音が厳かに響き渡ると、稽古場は一瞬で『ノートルダムの鐘』の世界へ。
本番さながらの熱い稽古に、ナンバーごとに見学者から大きな拍手が起こります。中には思わずあふれた涙をぬぐう人の姿も。
約2時間半の時間はあっという間にすぎ、最後にはこの日の稽古を務めた俳優たちへ惜しみない拍手が送られました。

これまでの稽古に確かな手ごたえを感じ、カンパニーはいよいよ福岡へ。
会場となる福岡・キャナルシティ劇場では、先に福岡入りした技術スタッフによって舞台の準備が進められ、俳優たちの合流を待ちます。

『ノートルダムの鐘』福岡公演、5月9日(土)~6月14日(日)千秋楽公演分のチケットは、今週15日(土)に「四季の会」会員先行予約がスタート。
さらに福岡公演では、「リハーサル見学会」「オフステージトーク」などご観劇とあわせてお楽しみいただけるイベントや、スタンプラリーでプレゼントや「スペシャルイベント」に参加できるチャンスを得られる企画(「四季の会」会員限定)など、多彩なイベントをご用意しています。

福岡で熱く繰り広げられる『ノートルダムの鐘』を、どうぞお見逃しなく!

(撮影:上原タカシ)
PAGE TOP