ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『コーラスライン』全国公演開幕に向けて――読み合わせ稽古レポート

『コーラスライン』2020年4~7月全国公演、東京公演中止について


新型コロナウイルス感染症対応のため、予定していた『コーラスライン』全国公演(4月25日~7月29日)は中止させていただくこととなりました。
また、東京・自由劇場にて、本年6~7月に『コーラスライン』を上演することをお知らせしておりましたが、公演を実施できる状況にないと判断し、中止させていただくこととなりました。
ご観劇を楽しみにしてくださっていた方には、心よりお詫び申し上げます。

なお、『コーラスライン』は2020年9月より全国公演、2021年1月より福岡・キャナルシティ劇場で上演することとなりました。公演スケジュール等の詳細は、決まり次第お知らせいたします。

4月25日(土)に開幕するミュージカル『コーラスライン』全国公演。
3月上旬、四季芸術センター(横浜市あざみ野)では開幕に向けた稽古が始まりました。

物語の舞台は、ショービジネスの街、アメリカ・ブロードウェイ。ある新作ミュージカルのオーディションで、最終選考に残った17人のダンサーたち。演出家・ザックの問いかけによって、彼らは戸惑いながらも自分の人生や抱えてきた葛藤をさらけ出していきます。

厳しいショービジネスの世界に挑む若者たちの、等身大の姿を描いたこの作品。
1979年の日本初演以来、劇団四季の大切なレパートリー作品の一つとして、日本各地で繰り返し上演されてきました。
今回は、2015年から16年にかけて行われた東京・全国公演以来、約4年ぶりの上演となります。

稽古始めとなったこの日は、台本の読み合わせ稽古が行われました。
稽古場には出演経験者のほか、今回初めて本作に参加する俳優たちの姿も。これまで自主稽古やコーラス稽古を通して準備を進めてきた俳優たちの気合は十分。初日から濃密な稽古が繰り広げられました。

今月28日(土)には、6月以降の首都圏公演や、九州・静岡エリアなどの「四季の会」会員先行予約がスタート。現在発売中の4~5月公演では、早くも完売の公演や残りわずかの公演地も。お早めのご予約がおすすめです。

40年以上にわたり繋がれてきたバトンを受け取り、走り出したカンパニー。2020年、新しく紡がれる物語に、どうぞご期待ください!

PAGE TOP