ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

「劇団四季 浅利慶太記念館」リニューアルオープン

本日7月4日(土)、「劇団四季 浅利慶太記念館」(長野県大町市)がリニューアルオープンしました。

昨日3日(金)には、このたび新たに設置された劇団四季の創設者・浅利慶太のブロンズレリーフの除幕セレモニーが開催され、大町市長・牛越徹氏など、劇団四季の活動を支えてくださる地元ご関係者も出席。地元メディアが見守るなか、レリーフが披露されました。

当館は、1995年、北アルプスの懐に抱かれた大町市の四季演劇資料センター敷地内に開館。今年、名称を「劇団四季記念館」から「劇団四季 浅利慶太記念館」に変更し、一部展示内容も新しくなりました。
60年以上にわたる劇団四季の歩みを、様々な舞台模型、写真、台本、舞台装置や小道具、衣裳、関連資料などによってわかりやすく紹介しています。

皆様のご来館を、心よりお待ちしております。

【劇団四季 浅利慶太記念館】
所在地 長野県大町市平1955-205
(JR大糸線信濃大町駅より、バス扇沢線「犬の窪」下車徒歩15分)
開館時間 10:00~17:00(月曜休館)
※月曜が祝祭日の場合は開館、翌火曜日休館
※11月の開館時間は10:00~16:00となります
入館料 大人 600円   小人(小・中学生)300円
「四季の会」会員・10名以上の団体 500円
名称を改めリニューアルオープンした「劇団四季 浅利慶太記念館」

名称を改めリニューアルオープンした「劇団四季 浅利慶太記念館」

浅利慶太のブロンズレリーフ除幕セレモニーの様子

浅利慶太のブロンズレリーフ除幕セレモニーの様子

写真左より:ブロンズレリーフ製作 堀尾秀樹さん、大町市 牛越徹市長、オフィス・マユ 尾崎明子さん、劇団四季代表取締役社長 吉田智誉樹、浅利演出事務所 野村玲子さん、記念館展示監修 土屋茂昭さん

写真左より:ブロンズレリーフ製作 堀尾秀樹さん、大町市 牛越徹市長、オフィス・マユ 尾崎明子さん、劇団四季代表取締役社長 吉田智誉樹、浅利演出事務所 野村玲子さん、記念館展示監修 土屋茂昭さん

劇団四季の創設者・浅利慶太のブロンズレリーフ

劇団四季の創設者・浅利慶太のブロンズレリーフ

セレモニーの後、式の出席者らが「浅利慶太記念館」の展示を見学

セレモニーの後、式の出席者らが「浅利慶太記念館」の展示を見学

展示「浅利慶太 執筆時のデスクと愛用品」

展示「浅利慶太 執筆時のデスクと愛用品」

PAGE TOP