ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

【動画あり】「東京ポートシティ竹芝」街びらきイベントにて、劇団四季俳優が参加しました

9月18日(金)から20日(日)までの3日間にかけて行われた「東京ポートシティ竹芝」の街びらきイベント「TAKESHIBA SMARTCITY FES」に、劇団四季の俳優が参加。

連日行われた「劇団四季 Music & Talk Live」のコーナーに出演し、ミュージカル作品より劇中ナンバーの披露とトークショーを行いました。

初日18日(金)に出演したのは、ディズニーミュージカル『ライオンキング』東京公演(大井町・四季劇場[夏])より、ラフィキ役・遠藤珠生とシンバ役・山下啓太。舞台のオープニングを飾る「サークル・オブ・ライフ」と、シンバによるソロナンバー「終わりなき夜」の2曲を披露しました。

続く19日(土)には、ディズニーミュージカル『アラジン』東京公演(汐留・電通四季劇場[海])より、アラジン役・一和洋輔、ジャスミン役・岡本瑞恵、ジーニー役・阿久津陽一郎が登場。劇中のメインナンバー「新しい世界――ア ホール ニュー ワールド」と、ジーニーによる「理想の相棒――フレンド ライク ミー」の2曲を披露。

そしてイベント最終日の20日(日)には、ミュージカル『キャッツ』東京公演(大井町・キャッツ・シアター)より、グリザベラ役・木村智秋、シラバブ役・藤原加奈子、ラム・タム・タガー役・上川一哉、スキンブルシャンクス役・田邊祐真の4名が登場。グリザベラによる「メモリー」と、「ラム・タム・タガー――つっぱり猫」「スキンブルシャンクス――鉄道猫」の3曲を披露しました。

1998年、旧・四季劇場[春][秋]が開場して以来、劇団四季の東京での活動の拠点となってきた竹芝地区。トークショーでは、竹芝での思い出、各作品の魅力や演じていて楽しいところなどを思い思いに語り、イベントを盛り上げました。

間もなく開場を迎える新劇場・JR東日本四季劇場[春][秋]に隣接し、ゆりかもめ・竹芝駅とJR・浜松町駅をデッキで結ぶ都市型スマートビル「東京ポートシティ竹芝」。9月14日(月)に開業したこの新しい施設には、グルメレストランなど多彩な店舗が出店されています。

ご観劇とあわせて、ぜひお楽しみください。

イベント1日目。『ライオンキング』より、遠藤珠生(ラフィキ役)と山下啓太(シンバ役)が出演

イベント1日目。『ライオンキング』より、遠藤珠生(ラフィキ役)と山下啓太(シンバ役)が出演

「サークル・オブ・ライフ」を披露する遠藤珠生

「サークル・オブ・ライフ」を披露する遠藤珠生

「終わりなき夜」を披露する山下啓太

「終わりなき夜」を披露する山下啓太

イベント2日目。『アラジン』より、一和洋輔(アラジン役・写真左)、岡本瑞恵(ジャスミン役・写真中央)、阿久津陽一郎(ジーニー役・写真右)が出演

イベント2日目。『アラジン』より、一和洋輔(アラジン役・写真左)、岡本瑞恵(ジャスミン役・写真中央)、阿久津陽一郎(ジーニー役・写真右)が出演

「新しい世界――ア ホール ニュー ワールド」を披露する一和洋輔と岡本瑞恵

「新しい世界――ア ホール ニュー ワールド」を披露する一和洋輔と岡本瑞恵

「理想の相棒――フレンド ライク ミー」を披露する阿久津陽一郎

「理想の相棒――フレンド ライク ミー」を披露する阿久津陽一郎

イベント3日目。『キャッツ』より、木村智秋(グリザベラ役・写真右から二人目)、藤原加奈子(シラバブ役・写真左から二人目)、上川一哉(ラム・タム・タガー役・写真右)、田邊祐真(スキンブルシャンクス役・写真左)が出演

イベント3日目。『キャッツ』より、木村智秋(グリザベラ役・写真右から二人目)、藤原加奈子(シラバブ役・写真左から二人目)、上川一哉(ラム・タム・タガー役・写真右)、田邊祐真(スキンブルシャンクス役・写真左)が出演

「スキンブルシャンクス――鉄道猫」を披露する田邊祐真(写真右)

「スキンブルシャンクス――鉄道猫」を披露する田邊祐真(写真右)

「ラム・タム・タガー――つっぱり猫」を披露する上川一哉

「ラム・タム・タガー――つっぱり猫」を披露する上川一哉

「メモリー」を披露する木村智秋と藤原加奈子

「メモリー」を披露する木村智秋と藤原加奈子

PAGE TOP