ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

お知らせ

新作オリジナルファミリーミュージカル『はじまりの樹の神話』上演決定! 2021年8月、東京・自由劇場で開幕

2021年、新作オリジナルファミリーミュージカル『はじまりの樹の神話』の上演が決定しました。8月15日から29日まで東京・自由劇場にて上演。9月からは全国公演を予定しています。

原作は、日本児童文学界を代表する作家・岡田淳による「こそあどの森の物語」シリーズの第6巻「はじまりの樹の神話」(2001年、理論社刊)。
本シリーズは、1994年の初巻刊行以来、四半世紀にわたって読み継がれ、シリーズ累計約70万部を売り上げている児童文学の傑作です。

こそあどの森で暮らす主人公・スキッパーが、大昔から来た少女・ハシバミを助け出したことを発端に、巨大な樹をめぐって神話と現実が交差するファンタジーが展開されます。
この物語が、どのような舞台に生まれ変わるのか――現在、鋭意製作が進められています。

1964年から始まった劇団四季のファミリーミュージカル。以来、「生きていくうえで大切なこと」をメッセージに織り込んだ作品を、30作以上、上演してきました。
2019年には、『カモメに飛ぶことを教えた猫』が26年ぶりの新作として誕生し、本作はそれに続くオリジナルファミリー演目となります。前作に引き続き、今回もクリエイティブチームのほとんどを劇団員が務めます。
近年、四季が積極的に取り組んでいるオリジナルミュージカルの創作。本作も、四季の将来を担う作品となることでしょう。

2021年に劇団四季が贈る新作ファミリーミュージカルに、どうぞご期待ください。

hajimari_syoei.jpg

岡田淳・作「こそあどの森の物語 はじまりの樹の神話」理論社刊

2021年度「こころの劇場」実施見合わせにつきまして

2021年9月より全国公演を行う本作ですが、大変残念ながら、「こころの劇場」につきましては、2021年度は上演の実施を見送らせていただくこととなりました。一般公演とクリスマスチャリティー公演のみの実施とさせていただきます。
現状を総合的に判断し、このような苦渋の決断をさせていただきました。「こころの劇場」を楽しみにしてくださっていた全国各地の皆様に、2020年度に続いて来年もお届けすることが叶わず、本当に申し訳ございません。
「こころの劇場」は劇団四季の大切な社会貢献活動の主柱です。「コロナ禍」が落ち着いたのち、再開できる状況がおとずれることを心より祈り、今後も真摯に全国公演活動に取り組んでまいります。

PAGE TOP