ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『アナと雪の女王』の稽古場から――歌稽古レポート

6月24日(木)に開幕するディズニー最新ミュージカル『アナと雪の女王』(JR東日本四季劇場[春])の稽古場から、4月に行われた歌稽古の様子をお届けします。

4月上旬から始まった歌稽古では、役ごとに、音楽監督の鎭守めぐみさんによる歌唱指導に臨みます。

エルサが歌うビックナンバー「ありのままで」。
アニメーション映画公開時には、日本中に"アナ雪旋風"が巻き起こる大きな要因のひとつとなったこの曲。
誰もが知っている期待の高まるシーンなので、お客様にしっかりと届くように、音程やアクセントを細かく確認していきます。
時には英語の原詞に立ち返り、エルサの心の機微を読み解きながら、日本語の歌詞にその役の感情のニュアンスを落とし込んでいきます。

エルサとアナが歌う「あなたを失いたくない」は、ブロードウェイ開幕後に行われたアメリカツアー公演で、新たに加えられた曲。
城を出て「氷の宮殿」を作り出したエルサの元にアナがたどり着き、お互いに対する気持ちを打ち明けるナンバー。アニメーション映画では描かれなかったこのシーンは、より鮮明に"姉妹の愛"を描き出します。ふたりの"すれ違い"や"歩み寄り"などが一語一語に込められており、俳優たちは言葉を大切に、歌詞の意味と向き合い、理解を深めながら歌います。

『アナと雪の女王』東京公演、6月から12月公演までのチケットは、現在「四季の会」会員先行予約を受付中(一般発売は30日(日)より)。この機会をどうぞお見逃しなく!

歌稽古の様子

歌稽古の様子

アンサンブルによるダイナミックなハーモニーも、この作品の聴きどころのひとつです

アンサンブルによるダイナミックなハーモニーも、この作品の聴きどころのひとつです

PAGE TOP