ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『マンマ・ミーア!』京都公演が千秋楽を迎えました

5月23日(日)、ミュージカル『マンマ・ミーア!』京都公演(京都劇場)が千秋楽を迎えました。

2020年7月より横浜、福岡、京都の3都市を巡った本公演。新型コロナウイルス感染症による不安が続くなかでも、ABBAの力強い楽曲とともに、「人生は最高だよ」という明るく前向きなメッセージを各都市で贈り続けてきました。

千秋楽の幕が開くと、シーンごとに温かい拍手が起こるなど、客席は序盤から一体感に包まれます。

幸福感あふれるカーテンコールでは、すぐさまオールスタンディングに。色とりどりのペンライトが客席を照らします。そのなかで、ドナ・シェリダン役の江畑晶慧がお客様へ感謝の言葉を述べると、割れんばかりの拍手が。

「皆様へ感謝の気持ちを込めて、最後にもう1曲お届けします」という言葉とともに「ダンシング・クイーン」が流れ始め、劇場は最高に華やかな空気で満たされました。

京都劇場では、2022年2月よりミュージカル『ロボット・イン・ザ・ガーデン』を上演予定です。劇団四季が16年ぶりに手掛けた新作一般オリジナルミュージカルが、いよいよ京都に初登場。心に傷を抱えた主人公・ベンと壊れかけのロボット・タングの心温まる旅路に、どうぞご期待ください。

『マンマ・ミーア!』京都公演千秋楽カーテンコールにて、お客様に挨拶するドナ・シェリダン役 江畑晶慧

『マンマ・ミーア!』京都公演千秋楽カーテンコールにて、お客様に挨拶するドナ・シェリダン役 江畑晶慧

『マンマ・ミーア!』千秋楽公演を迎えた京都劇場 開場の様子

『マンマ・ミーア!』千秋楽公演を迎えた京都劇場 開場の様子

PAGE TOP