ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

間もなく開幕! ディズニー最新ミュージカル『アナと雪の女王』公開舞台稽古が行われました

来る24日(木)、ついに幕を開けるディズニー最新ミュージカル『アナと雪の女王』。
本日21日(月)、日本初演の会場となるJR東日本四季劇場[春](東京・竹芝)にて、最終舞台稽古が行われました。

先月末に迎えた公演チケットの一般発売初日には、販売枚数が劇団四季史上最高記録となる23万9千枚を突破。早くも延長公演が決定するなど、熱い注目を集めている本作。
本日の舞台稽古は、メディアや劇団関係者に向けて公開され、出演者・スタッフたちは客席から伝わる期待を一身に背負い、最後の稽古に臨みました。

劇場に広がるのは、最新鋭のプロジェクションマッピングとLEDパネルが組み合わさり創り上げられた、美しい銀世界。
物語に合わせ様々な表情を見せる雪と氷の表現は、思わず目を見張るほど。
そして、物語をドラマティックに盛り上げる数々の楽曲とオーケストラの演奏、迫力のパフォーマンス、優美な衣裳、そして、キャラクターたちが織り成す愛あふれる温かなドラマ――。
すべてが見事に調和し完成された圧巻の舞台がフィナーレを迎えると、客席から盛大な拍手が送られ、劇場中が沸き立ちます。
その拍手は、舞台への感動はもちろんのこと、開幕に向けてひたむきに準備や稽古を重ねてきたカンパニーを称えた拍手でもありました。
大きなパワーをもらい、安堵の表情を浮かべる出演者・スタッフたちは、さらに心をひとつにし、次はいよいよ初演開幕に挑みます。

まもなく、そのベールを脱ぐ、待望の超大作ミュージカル『アナと雪の女王』。
劇団四季の歴史に、新たな1ページが刻まれます。

PAGE TOP