ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『キャッツ』福岡公演開幕に向けて――稽古が進んでいます

いよいよ今月27日(火)より福岡・キャナルシティ劇場で開幕するミュージカル『キャッツ』。開幕を前に、四季芸術センター(横浜市あざみ野)で白熱する稽古の模様をお届けします。

6月末、本作に初参加となるメンバーも迎え、読み合わせ稽古から開始したカンパニー。
コーラスの細かいニュアンスを磨き、音楽面の完成度を高める「音楽稽古」の他、台本と向き合い、台詞やシーンに込められた意味を探るディスカッションを行うなど、作品の本質に迫り、全力を傾けてきました。

7月上旬、稽古場で行われていたのは、「ステージング」と呼ばれる稽古。
キャナルシティ劇場の舞台空間に適応するよう、シーンごとに導線や位置をていねいに確認していきます。
ステージ全体のバランスを見ながら、カウントを取って進行するのは、本作のレジデント・ディレクターを務める坂田加奈子。問題点や各俳優からの質問にも即座に対応、解決していきます。「自分たちでもやりやすいように変更して大丈夫ですよ」と声をかけ、俳優自らの意見を促し、より良い形を模索する場面も。
同じ役にキャスティングされている俳優同士が振付を確認し合ったり、休憩中にも自主的に動きを振り返ったりするなど、カンパニー一丸となって集中する、濃密な時間となりました。

福岡のお客様へ、さらに磨きをかけた『キャッツ』をお届けするため――カンパニーは引き続き稽古に臨みます。

オフィシャルウェブサイトや劇団四季公式TwitterInstagramでは、今後も『キャッツ』の様々なコンテンツをお届け予定。どうぞお楽しみに!

 

※劇団四季によるキャナルシティ劇場での長期公演活動は、今回の『キャッツ』福岡公演をもって終了となります。皆さまのご来場を、心よりお待ちしております。

 

撮影:下坂敦俊

PAGE TOP