ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『はじまりの樹の神話』東北沿岸部へ――「また会いましょう」10年前の忘れられない記憶と約束を胸に

東京・自由劇場での初演を終えて、今月12日(日)から全国ツアーへと旅立つ新作オリジナルファミリーミュージカル『はじまりの樹の神話~こそあどの森の物語~』。

この作品は、"人とのつながり"を物語のテーマに込め、劇団四季が力を尽くして創り上げた新作ミュージカルです。

全国公演は、より多くのお客様に舞台を届けられる機会。新たな出会いを心待ちにすると同時に、カンパニーはもう一つ、特別な想いを持ってこの公演に臨んでいました。

『はじまりの樹の神話』全国公演に向けた稽古の様子

『はじまりの樹の神話』東北公演、沿岸部を中心に巡演

スタートの地・関東エリアに続き、9月18日(土)から10月8日(金)まで約3週間をかけて巡演するのは、岩手・宮城・福島の3県11都市におよぶ東北エリア。うち、宮古・釜石・大船渡・名取・多賀城・いわき・南相馬・陸前高田・仙台・石巻と、多くの市が海の沿岸に位置しています。また、岩手県の二戸でも上演が予定されています。

今回の全国公演では、ある強い想いから、東北エリアでの上演を拡充するに至りました。
東日本大震災から今年で10年。10年前に訪れた沿岸地域で、再びミュージカルを上演しよう――。

再生への祈りを込めて――2011年、『ユタと不思議な仲間たち』特別招待公演プロジェクトが始動

甚大な被害をもたらした、東日本大震災。当時演出家の浅利慶太は、地震発生直後、被災地で劇団四季の公演を行うことを決断しました。

「東北の失われた美しさや豊かさを子どもたちの心に取り戻すためには、この作品を上演するのが一番ふさわしい」

そう選ばれた作品は、自然豊かな東北を舞台に、命の尊さを真正面から伝えるミュージカル『ユタと不思議な仲間たち』でした。出演者のほとんどは、東北出身者で編成。
"東北の人々のために、自分たちにできることは何か"。もどかしい想いを抱えていた劇団員一同は、浅利の言葉に突き動かされ、すぐさま準備にとりかかりました。

劇場は被災等により使用できず、避難所としての利用が解かれた学校の体育館をお借りすることに。劇場環境とは異なる体育館に合った演出に改められ、新たに舞台セットや小道具、衣裳の一部を創作。
集中的な稽古を経て、東北に出発したのは、震災から4ヵ月後――2011年7月のことでした。

2011年7月、『ユタと不思議な仲間たち』東北特別招待公演に向けた稽古の様子

被災地を巡演して――忘れられない記憶と約束

プロジェクトは「『ユタと不思議な仲間たち』東北特別招待公演」として、沿岸部を中心に3県13都市を巡演(※)。地元の小・中学校の子どもたちや、ご家族をお招きしました。

傷ついた方々に寄り添い、わずかでも心の癒しとなり、前を向くきっかけになれば――。
ただ一つ、その想いで被災地に入った『ユタと不思議な仲間たち』カンパニー。
しかし、上演を重ねるたびに、来場された方々のあふれ出る感情に触れ、いかにこれまで涙を堪えてきたのか、そして苦しみや悲しみの計り知れなさを痛感し、もう一つの想いがよぎります。
この活動により、被災された方々の心を少しでも癒すことはできたのだろうか――。
答えはわからないまま、嗚咽を漏らし、泣きはらした目で笑顔を向けてくださる方々に、「ありがとうございました」「また会いましょう」と言葉を送り続けました。

2011年7月29日の釜石公演より。体育館バージョンの舞台は、出演者と観客が同じフロアで、同じ目線から語り掛けられるようにと設計されました。

左から、2011年7月29日釜石公演、8月1日宮古公演、8月24日名取公演より。笑顔で地元の方々に声をかける出演者たち。

(※)「東北特別招待公演プロジェクト」は翌2012年にも実施。4県9都市を巡演しました。

『はじまりの樹の神話』釜石公演は、建て直された「釜石市民ホール」で上演

「文化の一極集中の是正」を理念の一つにかかげ、全国公演に力を入れてきた劇団四季。
慣れ親しんだ自然豊かで美しい東北の景色は、『ユタと不思議な仲間たち』東北特別招待公演で訪れた時、まったく別の光景に――。

『ユタ』釜石公演の合い間、その年の秋に劇団四季の公演を行う予定だった釜石市民文化会館を訪問。館内の壁には津波の痕が残り、浸水を免れた2階は写真など拾得物の保管所として利用されていました。
その後、市民文化会館は建て直され、2017年に「釜石市民ホール TETTO」と名称を変えて新たな文化芸術の活動の場に。
『はじまりの樹の神話』釜石公演は、この生まれ変わった劇場で上演されます。

津波被害を受けた釜石市民文化会館/館内で浸水の痕を見つめる菊池 正(当時『ユタと不思議な仲間たち』ペドロ役で出演)/2階で拾得物を洗浄するボランティアの方

『はじまりの樹の神話』東北公演に寄せる想い

『はじまりの樹の神話』全国公演に出発する前、クリエイティブスタッフや俳優たちはこのように語りました。
「演劇によって、被災された方々に何かを与えたり、変えたりすることはできないかもしれません。けれど、ミュージカルを観ている時間は、楽しくありますように――」

東日本大震災から10年。胸に残してきた記憶と、再会への祈りを込めて、カンパニーは東北公演に臨みます。

 

『はじまりの樹の神話』東北公演日程
9/18(土) 17:00 宮古(岩手県) 宮古市民文化会館 大ホール
9/19(日) 17:00 釜石(岩手県) 釜石市民ホール TETTO ホールA
9/20(月・祝) 17:00 大船渡(岩手県) 大船渡市民文化会館 リアスホール
9/23(木・祝) 17:00 名取(宮城県) 名取市文化会館 大ホール
9/25(土) 17:00 多賀城(宮城県) 多賀城市民会館 大ホール
9/26(日) 17:00 いわき(福島県) いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール
9/28(火) 18:30 二戸(岩手県) 二戸市民文化会館 大ホール
10/2(土) 17:00 南相馬(福島県) 南相馬市民文化会館 ゆめはっと
10/3(日) 18:30 陸前高田(岩手県) 陸前高田市民文化会館 奇跡の一本松ホール
10/5(火) 18:30 仙台(宮城県) 仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
10/6(水) 13:30 仙台(宮城県) 仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
10/8 (金) 18:30 石巻(宮城県) マルホンまきあーとテラス 大ホール

※劇団四季インターネット予約および自動予約(「四季の会」会員のみ)の前売りチケットは、公演4日前までの取り扱いとなります。それ以降にお求めの場合は、前日予約および当日券をご利用ください。

PAGE TOP