ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『劇団四季 The Bridge ~歌の架け橋~』全国公演が千秋楽を迎えました

9月30日(木)、『劇団四季 The Bridge ~歌の架け橋~』全国公演が、宮城県仙台市(東京エレクトロンホール宮城)にて千秋楽を迎えました。

2021年1月、新劇場・JR東日本四季劇場[春]のオープニング作品として開幕した本作。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、当初の予定から大幅な延期の末に上演にこぎつけた東京公演、その後の福岡公演(キャナルシティ劇場)を経て、4月から全国公演へと旅立ちました。

「舞台を通して、生きる喜びを伝えたい」――創立当初から受け継がれてきたその理念を柱に、劇団四季のこれまでとこれから、そしてお客様との架け橋となるよう、舞台への祈りを込めて創作されたショウ。
カンパニーは約半年をかけて全国60都市以上 を巡演。様々な制約の中でも、先々で熱い拍手で迎えてくださる全国のお客様に支えられ、ツアーのラストを飾る杜の都・仙台に辿り着きました。
駆け付けた多くのお客様が見守る中、この日も90分のショウに熱い想いを込めて全力を尽くし、圧巻のパフォーマンスを繰り広げた俳優たち。晴れやかな笑顔でカーテンコールを迎えると、本作との別れを惜しむような、割れんばかりの拍手が送られました。

全国公演は現在、新作ファミリーミュージカル『はじまりの樹の神話~こそあどの森の物語~』が巡演中。来年3月まで、全国約70都市 を巡ります。
大人も子どもも楽しめる本格的なファンタジー作品を、どうぞお近くの劇場でお楽しみください。

『はじまりの樹の神話~こそあどの森の物語~』全国公演

『劇団四季 The Bridge ~歌の架け橋~』公演グッズは、引き続きウェブショップで販売中。ぜひご利用ください。

『劇団四季 The Bridge ~歌の架け橋~』全国ツアーの千秋楽地、仙台公演カーテンコールの様子

『劇団四季 The Bridge ~歌の架け橋~』全国ツアーの千秋楽地、仙台公演カーテンコールの様子

千秋楽公演の会場「東京エレクトロンホール宮城」より、開演前の様子

千秋楽公演の会場「東京エレクトロンホール宮城」より、開演前の様子

熱い拍手に包まれたカーテンコール

熱い拍手に包まれたカーテンコール

PAGE TOP