ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『リトルマーメイド』大阪公演が3周年を迎えました!

10月13日(水)、ディズニーミュージカル『リトルマーメイド』大阪公演(大阪四季劇場)が3周年を迎えました。

2018年の開幕以来、人魚姫アリエルの恋と冒険を通して、愛と希望のメッセージをお届けしてきた本作。目の前に広がる色鮮やかな海の世界、心弾む音楽、ひたむきなアリエルの姿に、劇場は毎公演、温かい笑顔と拍手に包まれていました。
お客様に支えられながら3年におよぶロングラン公演をつづけてきた『リトルマーメイド』大阪公演は、惜しまれながらも、11月21日(日)に千秋楽を迎えることが決定しています。

3周年当日のカーテンコールでは、お客様への感謝を込め、俳優・スタッフを代表してエリック役の武藤洸次がごあいさつ。「11月21日の千秋楽まで、皆様に作品の感動をお届けできるよう、精一杯務めてまいります」と述べると、客席はスタンディングオベーションに。力強い拍手が送られました。

『リトルマーメイド』は、大阪公演千秋楽の後、静岡へ。2022年4月2日(土)より5月29日(日)まで、静岡市民文化会館で期間限定公演を行います。
また、大阪四季劇場の次回作品として、2022年3月よりミュージカル『オペラ座の怪人』を上演。 さらに全国12都市でツアー公演を行う『劇団四季のアンドリュー・ロイド=ウェバー コンサート~アンマスクド~』が、今年12月と来年1月に関西エリアに登場。
1月には、全国公演巡演中の『はじまりの樹の神話~こそあどの森の物語~』が関西エリアを巡演します。
そして、京都劇場では2月より、劇団四季オリジナルミュージカル『ロボット・イン・ザ・ガーデン』が開幕。
関西で楽しめる魅力的なラインアップに、どうぞご期待ください。

『リトルマーメイド』大阪公演3周年当日のカーテンコールの様子

『リトルマーメイド』大阪公演3周年当日のカーテンコールの様子

カンパニーを代表し、お客様に感謝を伝えるエリック役・武藤洸次

カンパニーを代表し、お客様に感謝を伝えるエリック役・武藤洸次

温かい祝福の拍手に満面の笑みで応える出演者たち

温かい祝福の拍手に満面の笑みで応える出演者たち

PAGE TOP