ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『リトルマーメイド』広島公演の製作発表会見が行われました

12月20日(月)、上野学園ホール(広島市中区)にて、来年7月11日(月)に開幕することが決定したディズニーミュージカル『リトルマーメイド』広島公演の製作発表会見が行われました。

自らの意思で未知の世界へと勇気を持って進んで行く人魚姫・アリエル。彼女の恋と冒険の物語は、多くの人々の共感を呼び、これまでの総入場者数は350万人以上。圧倒的な幸福感を届けてきました。

今回、広島に初上陸することとなった本作。
会見には共同主催である、広島県知事・湯﨑英彦氏、広島市長・松井一實氏、広島商工会議所 副会頭・椋田昌夫氏、中国新聞社 代表取締役社長・岡畠鉄也氏、中国放送 代表取締役社長・宮迫良己氏が登壇。劇団四季からは代表取締役社長・吉田智誉樹、アリエル役のひとり・守山ちひろ(広島県出身)、セバスチャン役のひとり・有賀光一が登壇し、広島公演への意気込みを語りました。

広島県知事・湯﨑英彦氏
『リトルマーメイド』は小さなお子様から大人の方までが存分に楽しめるストーリーと音楽で、観客を飽きさせない見事な作品であると聞いています。
こうした優れた舞台芸術を身近に触れられる機会が広島に創出されることは、本県だけでなく、中国・四国地方全体の文化芸術の振興にとっても、大変意義のあることです。
熱気あふれるすばらしい舞台に多くの感動が生まれ、広島がよりいっそう元気になりますよう、心から願っています。

広島市長・松井一實氏
芸術は国や地域の垣根を超えて、世界中の人々に平和への思いを伝え、共感を生み出すための推進力になると考えています。
多くの方々に生きる感動、信じ合う喜びを語りかけていただいて、平和への思いを共有していただく絶好の機会になることを期待しています。
『リトルマーメイド』広島公演の成功、そして多くの方々にミュージカルの素晴らしさをお届けできることを願っています。

広島商工会議所 副会頭・椋田昌夫氏
『リトルマーメイド』は広島では初登場となりますが、ディズニーアニメーションの物語が華やかに再現され、豪華絢爛な舞台装置や衣裳、そして劇場全体を使ったスケールの大きさに、必ずや圧倒されるものと思っております。
広島には劇団四季ミュージカルの開催を待ち続ける大勢のファンがおられます。
広島商工会議所として、これまで以上に多くの方々にご鑑賞いただけるよう積極的に協力をしてまいりたいと考えております。

中国新聞社 代表取締役社長・岡畠鉄也氏
2022年は中国新聞創刊130周年の節目の年でもあり、記念事業としてこのような創造性あふれる舞台芸術を、地域の皆さまにご覧いただくことは弊社にとって二重の喜びです。
中国新聞社は、地域に密着する地元メディアとして、舞台上に施された仕掛けをはじめ、歌と音楽の迫力、舞台にかける出演者の思いなどを伝えてまいります。
各主催団体、企業の皆さまとタッグを組み、多くのお客様にお楽しみいただくことで、広島に芸術文化の大きな花を咲かせてまいりたいと思っています。

中国放送 代表取締役社長・宮迫良己氏
中国放送は、地方で本物のミュージカルに触れる機会が必要であるという考えのもと、約50年前から劇団四季公演の主催として、お客様に喜びと感動をご提供するお手伝いをしてまいりました。
来年、中国放送は開局70年を迎えます。その記念事業として、大変人気のあるミュージカル『リトルマーメイド』が実施できることは、大きな喜びです。
芸術文化の力で、広島が元気に、そして豊かな街になるよう、そんな役割の一端を担うことができたらと考えております。

劇団四季代表取締役社長・吉田智誉樹
広島での公演は『オペラ座の怪人』以来約5年ぶりとなります。回を重ねるごとに舞台を愛好する方々の広がりを感じており、これまで7回行ってきた広島公演には、のべ76万人のお客様がご来場くださいました。
今回、広島初上演となる新作を広島に持ってくることができ、大変嬉しく思います。
このような時代ではありますが、劇場では衛生対策面でも最善を尽くしてお客様をお迎えします。劇場でぜひ、生きる喜び、明日への希望を感じていただければ幸いです。

劇団四季・守山ちひろ(アリエル役)
アリエルは好奇心旺盛で、自分の望むままに突き進む力や、あきらめない心をもったキャラクターです。彼女の魅力を皆さまに感じていただけるよう丁寧に演じてまいりたいです。
魅力に溢れた舞台をお楽しみいただけるよう、また、地元広島の公演に出演できるよう、真摯に稽古に励んでまいります。広島の皆さまと劇場でお会いできる日を楽しみにしております。

劇団四季・有賀光一(セバスチャン役)
『リトルマーメイド』ではアリエルのお世話役・セバスチャンと、ウミヘビのフロットサムの二役を演じさせていただきました。
夢に向かって突き進むアリエルの姿を、そっとやさしく見守るセバスチャン。一方で、海の魔女・アースラの手下としてアリエルを付け狙うフロットサム。
まったく異なる視点で物語を見続けてきた経験を活かして、広島公演を最高に盛り上げ、楽しんでいただけるように、カンパニー一同、稽古に励んでまいりたいと思っています。

また、劇中ナンバーより、守山ちひろが「パート・オブ・ユア・ワールド」を、有賀光一が「アンダー・ザ・シー」を披露しました。

『リトルマーメイド』広島公演は、2022年7月11日(月)から10月10日(月・祝)までの3ヵ月間。7月11日(月)~9月25日(日)公演分のチケット発売は、2022年4月17日(日)より「四季の会」会員先行予約が始まります(一般発売は24日(日)より)。

4月からは静岡公演(静岡市民文化会館)、さらに11月からは仙台公演(東京エレクトロンホール宮城)での上演も決定しています。

広島で、人魚姫アリエルに会えるその日を、どうぞお楽しみに!

『リトルマーメイド』広島公演 概要
会場 上野学園ホール(広島市中区)
公演日程 2022年7月11日(月)~10月10日(月・祝)
発売日程 2022年7月11日(月)~9月25日(日)公演分
4月17日(日)「四季の会」会員先行予約
4月24日(日)一般発売
  • ※初日公演を含む、一部日程は事前抽選販売あり。詳細は決定次第お知らせいたします。

(撮影:重松美佐)

『リトルマーメイド』広島公演製作発表会見にて。左より劇団四季代表取締役社長・吉田智誉樹、広島商工会議所 副会頭・椋田昌夫氏、広島市長・松井一實氏、アリエル役・守山ちひろ、セバスチャン役・有賀光一、広島県知事・湯﨑英彦氏、中国新聞社 代表取締役社長・岡畠鉄也氏、中国放送 代表取締役社長・宮迫良己氏

『リトルマーメイド』広島公演製作発表会見にて。左より劇団四季代表取締役社長・吉田智誉樹、広島商工会議所 副会頭・椋田昌夫氏、広島市長・松井一實氏、アリエル役・守山ちひろ、セバスチャン役・有賀光一、広島県知事・湯﨑英彦氏、中国新聞社 代表取締役社長・岡畠鉄也氏、中国放送 代表取締役社長・宮迫良己氏

広島公演に向け、意気込みを語る有賀光一(左)と守山ちひろ(右)

広島公演に向け、意気込みを語る有賀光一(左)と守山ちひろ(右)

劇中ナンバーより「パート・オブ・ユア・ワールド」を披露する守山ちひろ

劇中ナンバーより「パート・オブ・ユア・ワールド」を披露する守山ちひろ

劇中ナンバーより、「アンダー・ザ・シー」を披露する有賀光一

劇中ナンバーより、「アンダー・ザ・シー」を披露する有賀光一

広島公演は2022年7月開幕。皆さまのご来場をお待ちしています

広島公演は2022年7月開幕。皆さまのご来場をお待ちしています

PAGE TOP