ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『はじまりの樹の神話~こそあどの森の物語~』日産労連クリスマスチャリティー公演が千秋楽を迎えました

12月21日(火)、東京・府中の森芸術劇場でファミリーミュージカル『はじまりの樹の神話~こそあどの森の物語~』クリスマスチャリティー公演が千秋楽を迎えました。

「ハンディキャップを持つ方々に夢や希望を与えたい」という思いから、日産労連の組合員が毎月100円ずつ積み立てた「福祉基金」を基に、1976年から始まった本活動。 昨年はコロナ禍の影響を受け、46年の歴史の中で初めて中止となりましたが、今回約2年ぶりに開催。16都市16公演で約5,300名をご招待しました。

大きな拍手とともに幕が上がると、音楽に合わせて手拍子をしたり、身体を揺らしてリズムに乗ったりと、心から舞台を楽しまれるお客様の姿が。 人と人とが顔を合わせ、手を取り合う機会が制限される昨今ですが、舞台を通して、温かい心のつながりや「思いは必ず届く」というメッセージが、お客様にも伝わったようです。

『はじまりの樹の神話~こそあどの森の物語~』は、この後も3月まで全国各地を巡演。 この活動を通して出会ったお客様や日産労連の方々の想いを胸に、カンパニーは引き続き、全国のお客様へ作品の感動を届けます。

『はじまりの樹の神話~こそあどの森の物語~』日産労連クリスマスチャリティー公演千秋楽でのカーテンコールの様子

『はじまりの樹の神話~こそあどの森の物語~』日産労連クリスマスチャリティー公演千秋楽でのカーテンコールの様子

開場前の打ち合わせの様子

開場前の打ち合わせの様子

開場の様子

開場の様子

公演の運営にも日産労連組合員の皆様がご参加くださいました

公演の運営にも日産労連組合員の皆様がご参加くださいました

開演前のセレモニーの様子

開演前のセレモニーの様子

PAGE TOP