ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『劇団四季のアンドリュー・ロイド=ウェバー コンサート~アンマスクド~』全国12都市ツアー公演――大阪公演「アフタートーク」イベントレポート

12月30日(木)、『劇団四季のアンドリュー・ロイド=ウェバー コンサート~アンマスクド~』大阪公演(オリックス劇場)にて、「アフタートーク」イベントが開催されました。

初の試みとなるこのイベントでは、終演直後に出演俳優が舞台上に再び登場。各回異なるテーマでアンドリュー・ロイド=ウェバー作品の魅力を語ります。

第1回目が開催された大阪公演では、飯田達郎が進行役を務め、飯田洋輔、真瀬はるか、吉田絢香が登場。3月6日(日)に大阪四季劇場(大阪・梅田)で開幕するミュージカル『オペラ座の怪人』をテーマに、作品の魅力や見どころ、それぞれが好きな場面やナンバーについて語りました。
俳優たちが繰り広げるトークに、お客様は笑顔や拍手で応じられ、和気あいあいとした雰囲気でイベントは進行。
最後には、イベントに参加された記念として、お客様とトークに参加した俳優で写真撮影を実施しました(写真は当日ご観劇の方のみご覧いただけます)。

「アフタートーク」イベントは、このあと、福岡、仙台、静岡、名古屋、広島、札幌、横浜公演にて実施。対象日はイベント詳細をご覧ください。
当日ご観劇の方はどなたでもご参加いただけますので、この機会にぜひお近くの劇場にお越しください。

大阪公演「アフタートーク」イベントの様子。左から、飯田達郎、吉田絢香、飯田洋輔、真瀬はるか

大阪公演「アフタートーク」イベントの様子。左から、飯田達郎、吉田絢香、飯田洋輔、真瀬はるか

PAGE TOP