ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

ミュージカル『アラジン』が日本上演7周年を迎えました

5月24日(火)、電通四季劇場[海](東京・汐留)で上演中のディズニーミュージカル『アラジン』が、日本上演7周年を迎えました。

2015年に日本初演の幕が開けて以来、観客を感動と興奮の渦に巻き込んできた『アラジン』。
魔法に冒険、ロマンスに友情。魅力的なキャラクターたちが繰り広げる壮大なスケールの物語は、毎公演、鳴りやまない拍手に包まれています。

7周年当日のカーテンコールでは、客席から熱い拍手が送られるなか、カンパニーを代表してジーニー役・瀧山久志がご挨拶。
「開幕以来、お運びいただきましたお客様は、のべ220万人。『アラジン』を愛し、育んでくださったすべての皆様へ、出演者・スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。
これからもかけがえのない一回一回の公演を通して、作品のメッセージと舞台の喜びを皆さまにお届けできますよう、精一杯つとめてまいります。どうぞ、1万年以上のロングランとなりますよう、ご声援よろしくお願い申し上げます。」
感謝の気持ちを述べると、客席からは大きな拍手が起こりました。

『アラジン』東京公演は、現在、2023年1月9日(月・祝)公演分までのチケットを発売中。
魅惑のアグラバーの世界を体感しに、ぜひ劇場にお越しください。

『アラジン』東京公演

『アラジン』日本上演7周年当日のカーテンコールの様子

『アラジン』日本上演7周年当日のカーテンコールの様子

電通四季劇場[海]のグッズ売店では『アラジン』日本上演7周年記念グッズを販売中。劇団四季オフィシャルウェブショップでもお求めいただけます

電通四季劇場[海]のグッズ売店では『アラジン』日本上演7周年記念グッズを販売中。劇団四季オフィシャルウェブショップでもお求めいただけます

カンパニーを代表し、ジーニー役・瀧山久志がお客様へご挨拶

カンパニーを代表し、ジーニー役・瀧山久志がお客様へご挨拶

PAGE TOP