ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『キャッツ』名古屋公演に向けて――稽古が始まりました

7月18日(月・祝)、名古屋四季劇場にて開幕するミュージカル『キャッツ』名古屋公演。
6月上旬、四季芸術センター(横浜市あざみ野)にて、全体稽古の初日となる "稽古始め"を迎えました。

この度、21年ぶりに名古屋で上演される『キャッツ』。
稽古に先立ち行われたカンパニーの顔合わせでは、1988年の名古屋初演に携わった代表取締役社長・吉田智誉樹から当時の苦労やエピソードが伝えられ、続いて83年の日本初演から美術デザインを担当する土屋茂昭氏、音楽監督・鎭守めぐみ氏からは、本作に込められた劇団の想いなどが共有されました。
俳優たちは、歴代の先輩たちの手で積み重ねられてきた『キャッツ』という作品に参加する喜びと責任をあらためて実感し、また、名古屋のお客様に本作を届ける役割を噛みしめます。

そして行われた台本の読み合わせ稽古。
この日、稽古に臨んだメンバーの中には、新たな役に挑戦するものや、本作に初めて参加する者も。少し緊張した表情を見せながらも、真剣な表情で台本に向かい、思い切って作品に飛び込んでいきます。
衣裳やメイク、動きはない状態であっても、発せられる言葉やその歌声から、個性あふれる"ジェリクルキャッツ"の姿が垣間見えます。

『キャッツ』名古屋公演は、12月30日公演分まで発売中。夏休み期間は残りわずかにつき、ご予約は9月以降の公演がおすすめです。

『キャッツ』名古屋公演開幕に向け、劇団では様々な準備が進行中。
劇団四季オフィシャルウェブサイトや公式Twitter等にて随時レポートしていきます。どうぞお楽しみに!

PAGE TOP