ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『アナと雪の女王』が日本上演1周年を迎えました

6月24日(金)、JR東日本四季劇場[春](東京・竹芝)で上演中のディズニーミュージカル『アナと雪の女王』が、日本上演1周年を迎えました。

2013年公開の劇場版長編アニメーションをもとに創作されたこの作品は、劇団四季とディズニー・シアトリカル・プロダクションズのコラボレーション第7弾として、昨年6月に開幕。
アレンデール王国の王女、エルサとアナ――対照的な性格でありながらも、絆で結ばれた二人の姉妹が織り成す愛と冒険の物語、そして「ありのままで」をはじめとする多彩な楽曲群は大きな反響を呼び、連日多くのお客様にご来場いただいています。

1周年当日のカーテンコールでは、カンパニーを代表し、クリストフ役・北村優がお客様へご挨拶。
「開幕以来、劇場に足をお運びいただいたお客様はのべ41万人。これからも、皆様へ作品の感動をお届けできるよう誠心誠意つとめてまいります」
力強く感謝の言葉を述べると大きな拍手が起こり、客席はオールスタンディングに。出演者たちは笑顔で手を振り、お客様からの温かい愛に応え続けました。

『アナと雪の女王』東京公演は、現在、2023年6月30日(金)公演分まで発売中。
今からのご予約は、9月以降の公演がおすすめです。

心震わす感動を、この機会にぜひ劇場で!

『アナと雪の女王』日本上演1周年当日のカーテンコールの様子

『アナと雪の女王』日本上演1周年当日のカーテンコールの様子

開演前のJR東日本四季劇場[春]

開演前のJR東日本四季劇場[春]

劇場グッズ売店では日本上演1周年記念グッズを販売中。劇団四季オフィシャルウェブショップでもお求めいただけます(一部商品を除く)

劇場グッズ売店では日本上演1周年記念グッズを販売中。劇団四季オフィシャルウェブショップでもお求めいただけます(一部商品を除く)

カンパニーを代表し、クリストフ役・北村優がお客様へご挨拶

カンパニーを代表し、クリストフ役・北村優がお客様へご挨拶

鳴り止まない拍手に応える、エルサ役・三井莉穂(右)、アナ役・町島智子(左)

鳴り止まない拍手に応える、エルサ役・三井莉穂(右)、アナ役・町島智子(左)

PAGE TOP