ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

『人間になりたがった猫』東京公演に向けて――稽古が進んでいます

7月23日(土)、東京・自由劇場で幕をあけるファミリーミュージカル『人間になりたがった猫』東京公演。
稽古場は、動線や振付を確認するステージングを経て、シーンを区切って繰り返し行う小返し稽古の段階に入りました。

小返し稽古では1幕から順に、台詞のニュアンスや細かい動きを確認。誰に対しての台詞なのか、どんな意味を含んだ体の動きなのか、一つひとつを明確にしていきます。
大人数の華やかなダンスナンバーでは、つま先まで意識を集中させて息を合わせる俳優たち。ちょっとした動作も小粋に見えるよう、洗練された動きを追求します。また、ナンバー中で言葉が聞き取りにくい箇所は、母音だけで歌唱した後に子音を乗せるといった母音法の原点に立ち返り、言葉を丁寧に届けることを目指します。
レジデントディレクターを務める西尾健治は「(演じるシーンを)全身全霊で生きてください。一人ひとり強い意志を持って」と声をかけ、俳優たちは真摯に取り組みます。カンパニー一丸となって、作品のメッセージと向き合う作業が続きました。

東京公演は8月28日(日)までの期間限定。
小学生以下のお子さまは、お得にご覧いただける子ども料金がございます。
夏の思い出に、ライオネルと一緒に冒険に出かけてみませんか?

(撮影:阿部章仁)

PAGE TOP