ページ内を移動するためのリンクです。

このページのコンテンツへ

コラム

間もなく開幕!『キャッツ』名古屋公演の公開舞台稽古が行われました

今月18日(月・祝)に開幕を控えたミュージカル『キャッツ』名古屋公演。
16日(土)、会場の名古屋四季劇場では最終舞台稽古が行われ、劇団関係者やメディアに向けて公開されました。

1983年に日本初演を迎えた『キャッツ』。
今年日本上演39周年を迎える本作は、日本各地で上演を重ね、観る人すべてを驚きと感動の"キャッツ・ワールド"へと誘ってきました。

名古屋での初演は1988年。旧国鉄笹島貨物駅の跡地(名古屋市中村区)に建設されたテント式仮設劇場にて上演。当時の名古屋では初となる1年間のロングランを実現し、大きな話題となりました。
2度目となる前回の名古屋公演は1999年から2001年にかけて新名古屋ミュージカル劇場にて上演。1年6ヵ月というさらなるロングランを達成しました。
そして今回、21年ぶりの上演となる名古屋公演。上演発表から注目を集め、大きな期待が寄せられてきました。

本日行われた最終舞台稽古は、本公演さながらの熱気に包まれました。

『キャッツ』名古屋公演は、現在12月公演分までのチケットを発売中。
また、本日より、2023年1~3月公演チケットの「四季の会」会員先行予約がスタート(一般発売は24日(日)より)。

名古屋で新たな歴史の1ページが刻まれるミュージカル『キャッツ』に、どうぞご期待ください!

(撮影:堀 勝志古)

PAGE TOP