劇団四季

 

ミュージカル『アンデルセン』

あなたの街で紡がれる、世界が愛する「アンデルセン」の物語。

チケット&スケジュール
観劇はじめてガイド

はじめに Introduction

「この物語を、愛する人にささげよう」
人生を見つめつづけた作家 アンデルセンの若き日。
劇団四季が贈る、大人のための青春物語。

「親指姫」「人魚姫」「みにくいアヒルの子」「はだかの王様」…
誰もが子どもの頃、一度はふれたことのある懐かしく美しい童話の数々。
今も変わらず世界中で愛され続けているこれらの物語を書いたのは、
デンマークが誇る世界的な童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセン。

『アンデルセン』は、彼が「物語の王様」になるまでを描いたミュージカルです。

もっと読む

ストーリー Story

デンマークの緑豊かな田舎町オーデンセ。
靴屋のハンス・クリスチャン・アンデルセンの周りには、
今日も彼のつくる「お話」を聞こうと近所の子どもたちが集まります。
ハンスが語る夢の世界に子どもたちは学校を忘れるほど夢中になりますが、大人たちはこれを快く思いません。
ハンスはついに町を出ることを決意し、弟子のペーターを連れて大都市コペンハーゲンへ。
そこで、彼は王立バレエ団のプリマ・バレリーナ、マダム・ドーロに一目惚れしてしまいます。

もっと読む

ギャラリー Gallery

もっと見る

登場人物 Charactor

  • ハンス・クリスチャン・アンデルセン

    オーデンセで一番腕のいい靴職人でお話の名手。
    ハンスの周りにはいつも子どもたちが集まり、目をキラキラ輝かせて次のお話を心待ちにしています。
    しかしそれが原因でオーデンセを追われることになります。

  • ペーター

    ハンスが2年前に孤児院から引き取った少年。
    靴職人の見習いとして働いているものの腕はまだまだ。
    夢見がちなハンスを助けるしっかりした一面も持っています。

  • ニールス

    マダム・ドーロの夫。王室バレエ団の演出家兼プリンシパル・ダンサーで、公私ともにドーロのパートナー。
    芸術家気質でバレリーナとしてのドーロには冷たくあたることもありますが、彼女を深く愛しています。

  • マダム・ドーロ

    王室バレエ団のプリマ・バレリーナで街中の人々の憧れの存在。
    オーデンセからコペンハーゲンに出てきたハンスは、彼女を見かけた瞬間に恋に落ちてしまいますが、彼女には才能豊かな夫がいたのでした。

もっと知る Learn More

フランク・レッサーによる音楽の魅力

一度聴いたら忘れられない美しいメロディ、「ワンダフル・コペンハーゲン」

もっと読む

美しいバレエシーン

幻想的なバレエで描かれる、「人魚姫」の儚い恋

もっと読む

キャスト&スタッフ Cast & Staff

Staff

スタッフ

作詞・作曲
フランク・レッサー
訳詞
岩谷時子
振付
謝 珠栄、坂本登喜彦
装置
土屋茂昭
衣裳
河盛成夫
初演日本版演出
浅利慶太

Cast

前日の公演キャスト

チケットのご予約・公演情報のご確認はこちらから

チケット&スケジュール