劇団四季

 

『エクウス(馬)』

チケット&スケジュール
観劇はじめてガイド

現在、公演の予定はございません。

はじめに

"現代社会の病巣を突く問題劇"
"正常とは何か?"

本作の劇団四季による日本初演は1975年。
凶悪化する少年犯罪、家庭問題、
思春期の性――現代にも通じる社会問題を問いかけ、
上演のたびに社会に衝撃を与えてきた社会派ドラマの最高傑作が、
再び自由劇場に登場します。

もっと読む

ストーリー

ある日、精神科医マーティン・ダイサートは、家裁判事から
「少年を1人引き受けてくれないか」と依頼されます。
少年の名はアラン・ストラング。
その少年が6頭の馬の目をつぶすという奇怪な事件を引き起こしたと言うのです。

翌日、ダイサートのもとに連れてこられた17歳の少年アラン。
彼はダイサートの質問にまったく答えようとせず、
ただコマーシャルソングを歌い続け、拒絶するのでした。

もっと読む

もっと知る Learn More

異色の舞台装置

さらなる臨場感を体感できるこのステージシート、一度お試しあれ。

もっと見る

キャスト&スタッフ Cast&Staff

スタッフ Staff

スタッフ

ピーター・シェーファー
倉橋 健
装置
藤本久徳
衣裳・マスクデザイン
金森 馨
照明
沢田祐二
音楽
深町 純
音楽構成
渋谷森久
演出スーパーバイザー
加藤敬二
スーパーバイザー助手
荒木美保
初演オリジナル演出
浅利慶太

キャスト Cast

前日の公演キャスト

チケットのご予約・公演情報のご確認はこちらから

チケット&スケジュール