ミュージカル『ミュージカル李香蘭』

現在、公演の予定はございません。

はじめに Introduction

『ミュージカル李香蘭』は、日本の激動の時代、1920年代から1945年までの歴史を、
客観的に、かつダイナミックに描き出しながら、
大きな歴史の流れに翻弄されたアジアの歌姫の数奇な運命を浮き彫りにしています。
1人の女性の半生を描くことで
昭和という1つの時代を浮き彫りにする『ミュージカル李香蘭』への反響は非常に大きく、
公演のたびに劇団に寄せられる感動の声、そして再演の希望は後を絶ちません。

反響は国内にとどまらず、
1992年には中国政府の招聘を受け中国4都市(北京・瀋陽・長春・大連)、
1997年、シンガポールでも上演を行い、海外でも深い感動を伝えてきたのです。

次第に忘れ去られてゆきつつある戦争でどのようなことが人々の身に起こったのか。
これからも劇団四季は『ミュージカル李香蘭』の上演を通して
21世紀という新しい時代を担う人たちに、戦争と平和を語り継いでいきます。

ストーリー Story

祖国反逆者の裁きの場で——

第二次世界大戦直後の中国——「殺せ! 漢奸、裏切り者を」という民衆の声が響きます。
戦争中に敵国日本に協力した漢奸(祖国反逆者)を弾劾する裁判が開かれているのです。

被告席に立つのは、美貌の女優<李香蘭>。
日本語、中国語を流暢に話し、歌う映画女優として満洲映画協会で活躍した香蘭は、
日本の宣伝工作に加担した裏切り者としてその罪を問われることになります。
検察官が死刑を求刑したその時、李香蘭は驚くべき告白をします。

「私は中国人ではありません。日本人なんです」

日本人であれば「祖国反逆」の罪に問うことは出来ない——
人々が困惑する中、日本人「山口淑子」がどのようにして
希代の歌姫<李香蘭>になったのか、その半生が語られてゆきます。

お客様からのコメント Comment

考えました

中学生の娘と一緒に観劇でした。最後の裁判長の「憎しみを憎しみで返すのか」と言う言葉に考えました。娘は泣きながら「私は人を憎まず許せているかしら」と言いました。改めて幸福の世の中にいる自分の行動を考えました

戦争を学ぶ

戦争を体験した事がない、戦時中の人々がどんな日々を過ごしてきたか知らない世代にとって、この物語には、たくさんの学びがつまっていました。終盤に近づくにつれ胸に込み上げるものがあり、カーテンコールでは、涙がこぼれました。

改めて観る意義

十数年ぶりに観た『李香蘭』。戦争というものを考えるキッカケをくれた作品。今、もう一度観ておかなければと思い、札幌から出向きました。大人になり、戦争が“過去の日本の現実”だったことを受け止めています。たった70年前の現実。二度と繰り返してはいけない現実。現代人に教えてくれて、ありがとう。

伝えていくべきこと

「李香蘭」の半生とともに昭和の歴史についても解説しながら物語が進んでいくので、日本と中国との関係性や当時の日本国内の状況も考えながら観ることができました。いつか、日本と中国に限らず、世界中が手を取り合い、愛し合える日がくれば良いなと思います。

以徳報怨

その時代を生きた人々には、それぞれの立場があり、それぞれの言い分もあると思いますが、やはり戦争はあってはならない事です。争いで得るものなど何も無い…解決できる事など無いのだから…。自分の非を認める心。相手を許す心。とても深いメッセージを頂いたような気がします。

語り継ぐべき歴史

『李香蘭』を見ました。実在の李香蘭、日本名山口淑子さんは亡き母が大ファンで、日劇や映画の場面など、子供の頃によく話を聞かされていました。舞台上で歴史に沿って進行していく場面は分かりやすく、当たり前の様に過ごしている平和の大切さを実感しました。沢山の人に見て貰いたいです。李香蘭は風化させてはならない歴史の語り部です。

ギャラリー Gallery

※写真はこれまでの公演より