劇団四季

 

『ソング&ダンス 65』

チケット&スケジュール
観劇はじめてガイド

公演決定!

はじめに Introduction

『ソング&ダンス』シリーズ
最新作、誕生

2018年に創立65周年を迎える劇団四季。
この節目の年を前に、『ソング&ダンス』シリーズ最新作が誕生します。

1999年、劇団創立45周年を記念して始まった『ソング&ダンス』シリーズ。第1弾「ミュージカルの花束」以降、第2弾「オーヴァー・ザ・センチュリー」(2000年)、第3弾「RUN TO THE FUTURE」(2004年)、第4弾「55ステップス」(2008年)、第5弾「The Spirit」(2011年)、第6弾「感謝の花束」(2013年)、第7弾「ようこそ劇場へ」(2013年)、第8弾「劇団四季FESTIVAL!扉の向こうへ」(2014年)と、劇団の節目となる年に新たな作品を上演してきました。
『ソング&ダンス』シリーズは、作品やジャンルにとらわれない多種多様な名曲の数々を、歌とダンスで紡ぐショウ形式の作品です。ナンバーの持ち味を活かした独自のアレンジを加え、再構成するステージは、「ミュージカルでもない、ドラマでもない、まったく新しいエンターテインメント」として毎回高い人気を博しています。

今回の『ソング&ダンス 65』は、「劇団四季の誕生から未来」、「祈り」や「願い」をコンセプトに、四季のこれまでの歩みと、これからの道を、選び抜かれた珠玉のナンバーに乗せて描きます。
四季のレパートリー作品から選び抜いたミュージカルナンバーはもちろん、新たな楽曲にも挑戦する予定です。

演出・構成を担うのは、これまでにも『ソング&ダンス』シリーズを手掛けてきた加藤敬二。
また今回新たに、劇団内から選出されたメンバーも振付担当として参加します。
劇団四季65年の足跡と未来への道を描く感動と興奮のステージに、どうぞご期待ください。

ミュージックナンバー Music Number

ACT1

  • 「サムホエア」 (『ウェストサイド物語』より)
  • 「ヴァリエーション23」 (『ソング・アンド・ダンス』より)
  • 「精たちの登場」 (『青い鳥』より)
  • 「愛した日々に悔いはない」 (『コーラスライン』より)
  • 「グリーン・ゲイブルズのアン」 (『赤毛のアン』より)
  • 「彼はお前のなかに生きている」 (『ライオンキング』より)
  • 「何かがやってくる」 (『ウェストサイド物語』より)
  • 「アメリカ」 (『ウェストサイド物語』より)
  • 「パリのアメリカ人」 (『パリのアメリカ人』より)
  • 「パリ野郎」
  • 「口笛バレエ」 (『壁抜け男』より)
  • 「イザベルのソロ」 (『壁抜け男』より)
  • 「恋するデュティユル」 (『壁抜け男』より)
  • 「ラブ・チェンジズ・エブリシング」 (『アスペクツ オブ ラブ』より)
  • 「自由を求めて」 (『ウィキッド』より)
  • 「フラメンコ」
  • 「オーヴァーチュア」 (『アンデルセン』より)
  • 「僕はハンス・クリスチャン・アンデルセン」 (『アンデルセン』より)
  • 「みにくいアヒルの子」 (『アンデルセン』より)
  • 「海の上の世界」 (『リトルマーメイド』より)
  • 「深海の秘密」 (『リトルマーメイド』より)
  • 「パート・オブ・ユア・ワールド(リプライズ)」 (『リトルマーメイド』より)
  • 「『クレイジー・フォー・ユー』メドレー」
    (I Got Rhythm /
    Girls Enter Nevada /
    I Can't Be Bothered Now /
    What Causes That? /
    Naughty Baby /
    Stiff Upper Lip)
    (『クレイジー・フォー・ユー』より)」

ACT2

  • 「星に願いを」 (『ピノキオ』より)
  • 「理想の相棒―フレンド ライク ミー」 (『アラジン』より)
  • 「行こうよ どこまでも」 (『アラジン』より)
  • 「リフレクション」 (『ムーラン』より)
  • 「誰にでも夢はある」 (『塔の上のラプンツェル』より)
  • 「変わりものベル」 (『美女と野獣』より)
  • 「オーリム(いつか)/ノートルダムの鐘」 (『ノートルダムの鐘』より)
  • 「陽ざしの中へ」 (『ノートルダムの鐘』より)
  • 「いつか」 (『ノートルダムの鐘』より)
  • 「レクエイム/こいつはサーカス」 (『エビータ』より)
  • 「星降る今宵に」 (『エビータ』より)
  • 「エビータとチェのワルツ」 (『エビータ』より)
  • 「『キャッツ』メドレー」
    (ジェリクルソング/
    メモリー/
    マンゴジェリーとランペルティーザ~小泥棒/
    マキャヴィティ~犯罪王/
    ミストフェリーズ~マジック猫)」
    (『キャッツ』より)
  • 「オペラ座の怪人」 (『オペラ座の怪人』より)
  • 「サークル・オブ・ライフ」 (『ライオンキング』より)

※ナンバーは都合により、急遽変更になる場合がございます。

お客様からのコメント Comment

200字コメント

ギャラリー Gallery

もっと見る

キャスト&スタッフ Cast

Staff

スタッフ

構成・演出・振付
加藤敬二
装置デザイン
日下部 豊
照明デザイン
紫藤正樹
映像デザイン
日下部 豊
鷲谷春奈
衣裳デザイン
大栗未来
振付
脇坂真人
松島勇気
永野亮比己
音楽監督
浪江暢子
アレンジャー
宮崎 誠
フラメンコ構成・振付
多田毬奈
フラメンコ助手
櫻木数馬
マリンバ指導・アレンジ
平松浩一郎
カホン指導・アレンジ
容昌—ようすけ—
バトン協力
河津修一

キャスト Cast

チケットのご予約・公演情報のご確認はこちらから

チケット&スケジュール