劇団四季

 

『ソング&ダンス 65』

チケット&スケジュール
観劇はじめてガイド

公演決定!

はじめに Introduction

『ソング&ダンス』シリーズ
最新作、誕生

2018年に創立65周年を迎える劇団四季。
この節目の年を前に、『ソング&ダンス』シリーズ最新作が誕生します。

1999年、劇団創立45周年を記念して始まった『ソング&ダンス』シリーズ。第1弾「ミュージカルの花束」以降、第2弾「オーヴァー・ザ・センチュリー」(2000年)、第3弾「RUN TO THE FUTURE」(2004年)、第4弾「55ステップス」(2008年)、第5弾「The Spirit」(2011年)、第6弾「感謝の花束」(2013年)、第7弾「ようこそ劇場へ」(2013年)、第8弾「劇団四季FESTIVAL!扉の向こうへ」(2014年)と、劇団の節目となる年に新たな作品を上演してきました。
『ソング&ダンス』シリーズは、作品やジャンルにとらわれない多種多様な名曲の数々を、歌とダンスで紡ぐショウ形式の作品です。ナンバーの持ち味を活かした独自のアレンジを加え、再構成するステージは、「ミュージカルでもない、ドラマでもない、まったく新しいエンターテインメント」として毎回高い人気を博しています。

今回の『ソング&ダンス 65』は、「劇団四季の誕生から未来」、「祈り」や「願い」をコンセプトに、四季のこれまでの歩みと、これからの道を、選び抜かれた珠玉のナンバーに乗せて描きます。
四季のレパートリー作品から選び抜いたミュージカルナンバーはもちろん、新たな楽曲にも挑戦する予定です。

演出・構成を担うのは、これまでにも『ソング&ダンス』シリーズを手掛けてきた加藤敬二。
また今回新たに、劇団内から選出されたメンバーも振付担当として参加します。
劇団四季65年の足跡と未来への道を描く感動と興奮のステージに、どうぞご期待ください。

ミュージックナンバー Music Number

「自由を求めて」 (『ウィキッド』より)
「行こうよ どこまでも」 (『アラジン』より)
「レクイエム〜こいつはサーカス」 (『エビータ』より)
「陽ざしの中へ」 (『ノートルダムの鐘』より)
「They Can't Take That Away From Me」 (『クレイジー・フォー・ユー』より)
「ジェリクルソング」 (『キャッツ』より)
「彼はお前のなかに生きている」 (『ライオンキング』より)
「海の上の世界〜深海の秘密」 (『リトルマーメイド』より)
「みにくいアヒルの子」 (『アンデルセン』より)
「Love Changes Everything」 (『アスペクツ オブ ラブ』より)

※曲順不同、一部のみ
 ナンバーは変更になる可能性がございます。

お客様からのコメント Comment

感動をありがとう

家族で久しぶりに四季の舞台を観てきました。 数々のナンバーがあった中で、あの曲がこのような演出でリメイクされてる!なんていう驚きや、次の展開はどうなるんだろう?といったワクワクが常にわいてきたひと時でした。私の好きな曲が多く、またそれに命を吹き込むキャストの迫力のある声と相まって、観劇中に涙が止まらなくなってしまったり…今までの四季の軌跡を総合芸術のような形で表現された本当に素晴らしい作品でした!

生きる喜び

劇団四季のみなさん、素敵なミュージカルを、そして、"生きる喜び"ありがとう。これまで、たくさんのミュージカル、芝居、コンサート、映画などを観たり聴いたりし、たくさんのことを感じ、受け止めてきました。けれども、これほどまでに熱く力強いものに心が揺さぶられたことはありませんでした。 きっと、みなさん一人ひとりから"生きる喜び"を感じたからだと思います。素晴らしいひと時を本当にありがとう。

感謝。

観劇中ずっとドキドキが止まらなくて、舞台から伝わってくるエネルギーに魂を感じました。思わず笑顔になったり、感動で涙が溢れたり。とても心に響く公演でした。今まで知らなかった素晴らしい曲に出合えたことも嬉しかったです。しっかりと心に届きました。楽しい時間をありがとうございました!

何度観ても飽きない!楽しい!

迫力あるダンスに釘付けになったり、きれいな歌声に包まれてうっとりしたり、観る度違う魅力に気づかされてワクワクします!お客さんのノリノリの手拍子や、出演者の方同士の笑顔のアイコンタクトも楽しさを盛り上げる素敵な要素だなと思います。観終わると、自分の中のいらないものが全部洗い流されて、代わりに素敵なものだけが詰められたような気分になって、元気が出ます。

舞台で生きるものという言葉

世の中には、いろいろな仕事がありますが、このような世界の仕事を拝見するのは初めてでした。舞台で生きるものという言葉を聞いた時、今自分が居る場所こそが、自分の輝く場所なんだと、あらためて思いました。歌と、ダンスと、言葉によってひしひしと伝わってきました。 感動をありがとうございます。

想い

『ソンダン』からは観る度、いろいろな『想い』を受け取ります。今回は美しいメロディーと心温まる歌詞によって全てが洗い流され、清らかになれたように感じました。いつも優しい心を持ち続けて人に接していきたいと思いました。『ソンダン』にはたくさんの『想い』をもらいました。本当にありがとう♪

※コメントは過去の『ソング&ダンス』シリーズより

キャスト&スタッフ Cast

Staff

スタッフ

構成・演出
加藤敬二

チケットのご予約・公演情報のご確認はこちらから

チケット&スケジュール