ページ内を移動するためのリンクです。

事業所一覧

8つの劇場と全国公演

劇団四季では東京、大阪、名古屋、札幌に計8つの専用劇場を持ち、さらに仙台、静岡、広島、福岡にオフィスを設置し、日本全国で公演をしています。
2015年度は全国で3,099回の公演を行い、約300万人もの観客を動員しました。
また3,099回の公演のうち、1,702回は東京以外の公演であり、その中の585回は、北海道から沖縄県までの全国市町村を巡る公演を行いました。

※四季劇場[春][秋]は、劇場がある竹芝エリア再開発事業にともない、2017年6月をもって一時閉館しました。劇場の再開は2020年を予定しています。
なお、この間の四季による首都圏での活動は、自由劇場・電通四季劇場[海]・四季劇場[夏]の他、近郊の劇場をお借りしての公演を予定しています。 これからも変わらぬご愛顧を、お願い申し上げます。

創造の場 四季芸術センター

横浜市青葉区あざみ野の閑静な住宅街に、1983年、劇団創立30周年を記念して、劇団四季の拠点・四季芸術センターが建設されました。
2006年には新しく稽古場を増設。半世紀余りの劇場活動で培った経験を生かして創られた稽古場は、床材質や音響効果等に万全の配慮をした大中小10の稽古場、個人レッスンを積む25の研究室のほかに、トレーニングジム、マッサージルームなどを完備したまさに理想的な環境です。大きなガラス窓からふんだんに自然光を採り入れることで照明の使用を減らすことができ、大規模な太陽光発電システムの導入によって地球温暖化促進の一因といわれるCO2を削減するなど、環境にも優しいつくりになっています。

劇団四季記念館

劇団四季記念館は1995年、長野県大町市の四季演劇資料センター敷地内に開館しました。
ここでは半世紀を超える劇団四季のあゆみを様々な舞台模型、写真、台本、大道具・小道具、衣裳、関連資料などによってわかりやすく紹介しています。