ミュージカル『パリのアメリカ人』

チケット&スケジュール
観劇はじめてガイド
Illustration: Don Oehl; Logo: Esther Wu

はじめに Introduction

小粋に、華やかに――
スタイリッシュなダンスが描く、
パリの恋。

2019年、劇団四季がお届けする最新作は、心も躍る上質なミュージカル。
2015年にトニー賞4部門に輝いた『パリのアメリカ人』です。

1952年にアカデミー賞を受賞し、“アメリカ音楽の魂”と称される
ガーシュウィン兄弟の代表曲が散りばめられた同名映画に想を得たこのミュージカル。
映画の内容をさらにふくらませた物語と、
イマジネーションをかきたてる新しいダンスによって初めて舞台化され 、
2014年にパリで公演がスタート。
翌年にはニューヨーク・ブロードウェイに進出。
トニー賞で振付賞、編曲賞、装置デザイン賞、照明デザイン賞を獲得しました。

もっと読む

ストーリー Story

一人の女性に恋をした、三人の男たち。
夢を追いかける若者の、
ひたむきな人生の輝き。

第二次世界大戦直後のパリ。
アメリカの退役軍人ジェリーは、友人である作曲家のアダム、
フランス人資産家の息子でショーマンに憧れているアンリとともに、
暗い時代に別れを告げ、パリで画家としての新たな人生を歩もうと夢見ていた。
ある日、戦後の混乱が収まりきらない街中で、
ジェリーは一人の女性、リズに出会い、一目で恋に落ちる。

もっと読む

ギャラリー Gallery

※写真はロンドン公演より

もっと見る

登場人物 Charactor

  • ジェリー・マリガン

    アメリカの退役軍人。パリで画家として生きていくことを夢見ている。
    戦後の混乱するパリの街でリズを見かけ、一目ぼれしてしまう。
    同じくアメリカ人退役軍人であり作曲家のアダム、フランス人エンターテイナーのアンリと出会い、芸術を志す者として友情で結ばれる。
    Photo by Johan Persson

  • リズ・ダッサン

    バレリーナを目指すフランス人女性。
    ナチス占領中、アンリの両親に匿われ、何年も隠れて暮らす。
    ジェリーを愛してしまうが、恩義のあるアンリにプロポーズされ、ふたりの間で揺れ動く。
    Photo by Johan Persson

  • アダム・ホックバーグ

    アメリカの退役軍人で、音楽を作曲することを夢見ているが、ピアニストとして生計を立てている。
    バレエ団のオーディションでリズに出会ったとき、彼女に一目ぼれしてしまう。
    Photo by Johan Persson

  • アンリ・ボーレル

    フランス人資産家の息子。
    歌って踊るショーマンを目指しているが、厳格な両親には自分の夢を打ち明けることができない。
    アダムの友人で、画家を目指すジェリーとも仲良くなる。リズを愛しているが、彼女も自分に対して同じ気持ちでいてくれるのかどうか、確信が持てないでいる。
    Photo by Johan Persson

もっと見る

もっと知る Learn More

演出・振付 クリストファー・ウィールドン氏インタビュー

オーディションを終え、熱気冷めやらぬ中でのインタビュー

もっと見る

チケットのご予約・公演情報のご確認はこちらから

チケット&スケジュール