はじめに Introduction

Photo by Tristram Kenton

2019年、劇団四季がお届けする最新作は、心も躍る上質なミュージカル。2015年にトニー賞4部門に輝いた『パリのアメリカ人』です。

1952年にアカデミー賞を受賞し、"アメリカ音楽の魂"と称されるガーシュウィン兄弟の代表曲が散りばめられた同名映画に想を得たこのミュージカル。
映画の内容をさらにふくらませた物語と、イマジネーションをかきたてる新しいダンスによって初めて舞台化され 、2014年にパリで公演がスタート。
翌年にはニューヨーク・ブロードウェイに進出。トニー賞で振付賞、編曲賞、装置デザイン賞、照明デザイン賞を獲得しました。

演出・振付を担当したのは、英国ロイヤル・バレエ団アーティスティック・アソシエイトとして、『不思議の国のアリス』『冬物語』等、数々のバレエ作品を手掛ける世界的な振付家、クリストファー・ウィールドン。めくるめくようなダンスで、パリに生きる若者たちのロマンスを描き出します。
また劇団四季の『リトルマーメイド』、『アラジン』などでも知られる、ボブ・クローリーによる舞台美術も見どころのひとつ。すべてが洗練されたアートとなって溶け合い、観客を魅了します。

戦争に傷ついたパリの街で、若者たちが新しく見出す、芸術と愛の光。深い感動を呼びおこす物語を、小粋で華やかなステップとともにお届けいたします。
贅沢なひとときをお楽しみください。

関連コンテンツ

はじめて観劇ガイド

はじめての観劇ガイド

ストーリー Story

ストーリー

登場人物

登場人物