海外新作ミュージカル『An American in Paris(パリのアメリカ人)』(2019年1月〜8月 東急シアターオーブ/KAAT神奈川芸術劇場にて上演)

『An American in Paris(パリのアメリカ人)』ロゴ

劇団四季では現在、2019年1月から8月に東急シアターオーブ(渋谷区)とKAAT神奈川芸術劇場(横浜市)で、海外新作ミュージカル『An American in Paris(パリのアメリカ人)』の上演を検討しています。

3

ミュージカル『An American in Paris』は、“アメリカ音楽の魂”と称されるガーシュウィン兄弟の代表作で、1951年にアカデミー賞を受賞した同名映画をベースにしたものです。英国ロイヤル・バレエ団アーティスティック・アソシエイトとして、これまで数々の作品を手掛けてきたクリストファー・ウィールドン氏が振付/演出を担当し、2014年にパリ・シャトレ座で初演されました。翌2015年にはブロードウェイ・パレス劇場に進出。同年のトニー賞で振付賞、編曲賞、装置デザイン賞、照明デザイン賞の4部門を獲得しました。本年3月からはウェストエンド・ドミニオン劇場で上演されています。

第二次世界大戦直後のパリに生きる若者たちの愛と友情と夢を描いた物語を、スタイリッシュなダンスとイマジネーション豊かなビジュアルで表現。「ダンス、ロマンス、そしてクラシックなガーシュウィンの完璧なる融合」(ニューヨーク・タイムズ)、「ダンスがここまで圧倒されるほどの効果をもたらしたのは、『ウェストサイド物語』以来初のこと」(ウォール・ストリート・ジャーナル)等々、その高い芸術性には、多くの評価と称賛の声が寄せられています。

PAGE TOP