『はじまりの樹の神話~こそあどの森の物語~』劇団四季ミュージカル

チケット&スケジュール
観劇はじめてガイド

劇団四季の新型コロナウイルス感染症対応について

2021年8月15日(日)~8月29日(日)8月15日(日)~8月29日(日)公演分
5月22日(土)「四季の会」会員先行予約/5月29日(土)一般発売開始
※発売初日は午前10時より

全国ツアーMAP 2021年9月12日(日)開幕

はじめに Introduction

『はじまりの樹の神話~こそあどの森の物語~』は、
こそあどの森で暮らす主人公・スキッパーと大昔から来た少女・ハシバミの交流を通して、
人と人とのつながりの大切さを描く、劇団四季のオリジナルファミリーミュージカル最新作です。

原作は、日本児童文学界を代表する作家・岡田淳による「こそあどの森の物語」シリーズの第6巻
「はじまりの樹の神話」(2001年理論社刊)。本シリーズは、1994年の初巻刊行以来、
四半世紀にわたって読み継がれ、シリーズ累計約70万部に達する児童文学の傑作です。

このミュージカルを通して伝えられるテーマは、“想いや考えは、必ず相手に伝わる”。
内気で自分一人だけの世界を楽しんでいたスキッパーは、大昔から来た少女ハシバミを助け出したことをきっかけに
「いのちのつながり」について学び、「ハシバミのために力になりたい」と考えるようになります。
そして、勇気を出して想いを仲間に伝え、行動することで、自分の世界を広げていくのです。

「人とのつながり」の大切さを多くの人々が実感している今の時代、この物語は、
未来を生きる子どもたちに勇気を与えてくれることでしょう。

ストーリー Story

緑ゆたかな木々が生い茂る森。主人公の少年・スキッパーは、森の住人たちからの遊びの誘いに乗ることなく、家で本を読みながら一人の時間を楽しんで暮らしていました。ある夜、スキッパーの家にしっぽが光る不思議なキツネ・ホタルギツネが訪ねてきます。「死にそうな子を助けてほしい」──

一緒に森の奥に向かうと、巨大な樹に少女が両手を縛り付けられていました。少女を助け、急いで降りて振り返ると、もう樹の姿はなく……。

スキッパーは驚きながら、彼女を抱えて家に戻ります。少女の名はハシバミ。大昔から来たというその女の子は、リュウの怒りを鎮めるためのいけにえとして巨大な樹に捧げられたといいます。彼女は恐ろしさのあまり「心の声」で樹に助けを求め、樹もまた「心の声」でホタルギツネに呼びかけ、時空を超えて現代までやってきたのでした。

事情を知った森の住人たちは、ハシバミを優しく迎え入れ、現代のあらゆることを教えながら、一緒に楽しく過ごすようになりました。そしてハシバミからも、「サユル タマサウ ココロ」── 自分の命はすべて周りの命とつながっていて、大昔からもずっとつながっていることを学びます。しかしある日、ハシバミはスキッパーに「私は村に戻らなければならない」と告げます。弟や妹を残して自分ばかり平和に暮らしているわけにはいかない、過去に戻って自分の役目を果たしたい、と。

それを聞いた森の住人の一人・トワイエは、ある神話のことを話します。あの巨大な樹は、世界の始めにあって、太陽や動物、人などを生んだ「はじまりの樹」ではないか。その神話では、“ハシバミ”という少女が、樹に住み着いた“リュウ”と戦い、退治したことになっている……。「過去に戻り、逃げずに戦いたい」というハシバミに、危険だからと反対する住人たち。

そのときスキッパーは──。

登場人物

人物相関図
相関図

キャスト&スタッフ Cast & Staff

スタッフ Staff

脚本・歌詞
南 圭一朗
演出
山下純輝
作曲
兼松 衆※
音楽監督
清水恵介※
振付
松島勇気
装置・パペットデザイン
喜多川知己
照明デザイン
井上登紀子
衣裳・ヘアメイクデザイン
射場茅乃

※は外部スタッフ

チケットのご予約・公演情報のご確認はこちらから

チケット&スケジュール
一般財団法人舞台芸術センター 「こころの劇場」