ストーリー Story

凍った心をとかす真実の愛とは――
望まない魔法の力をもった姉と、
その姉を慕う妹の冒険が始まる。

アレンデール王国の幼い王女、エルサとアナはとても仲の良い姉妹。
雪や氷を操る魔法の力をもつ姉のエルサは、ある夜、誤って妹のアナの頭に魔法を当ててしまう。
氷のように冷たくなったアナを助けるため、王妃は「ヒドゥン・フォーク」を呼び寄せると、彼らの長パビーはアナにかけられた魔法を取り除いてくれた。
自分の魔法の力も消してほしいと頼むエルサにパビーは、その力はエルサの一部であることを告げる。

王と王妃は、エルサが力をコントロールできるようになるまで城の門を閉ざし、すべての人々から魔力を隠すことを決意する。
その日からエルサは自分の部屋に閉じこもり、年を経るごとに強くなる魔力と孤独に、追い詰められていく。
一方、いくら呼んでも姿を見せない姉に、アナは寂しさを募らせる。
そんなある日、王と王妃は帰らぬ人となる。

やがて訪れた戴冠式の日。長い間閉ざされていた城の門が開く。
お祝いに沸き立つ城内で、アナは南諸島のハンス王子、そして山男のクリストフに出会う。
一方、エルサは何とか無事に戴冠の儀式をやり遂げ、アレンデールの女王となった。

戴冠を祝うパーティの場で、久しぶりの姉妹の会話を楽しむ二人。
そのなかで、アナとハンスはすっかり意気投合し、結婚の約束をする。
アナはエルサに結婚の許しを得ようとするが、理解されず言い争いになり、感情を抑えきれなくなったエルサは城の広間中に氷の魔法を放ってしまう。
「怪物だ!」と騒ぐ人々を後に城を逃げ出すエルサ。

協力してエルサの行方を追うことになったアナとクリストフは、昔幼いエルサとアナが作った雪だるま「オラフ」と出会う。 オラフの案内で山の奥に向かう途中、アナは町が雪で覆われているのを目撃する。

その頃、一人きりで自由に生きることを決意したエルサが、長年抑えていた魔法の力をすべて解き放つと、美しい氷の宮殿ができ上がるのだった。

氷の宮殿にたどり着いたアナたち。アレンデールに戻り雪を溶かすようエルサを説得するが、町が雪で覆われていることを知ったエルサは、絶望し再び感情を制御できなくなってしまう。
エルサの魔法が四方八方に放たれ、アナの心臓を直撃する。
エルサはクリストフにアナを守ってくれるよう頼み、魔法で全員を宮殿の外に吹き飛ばす。

幼い頃に「ヒドゥン・フォーク」に助けられ家族同様に育てられたクリストフは、彼らに助けを求める。
しかし魔法を受けたのが心臓であったことから、パビーには助けられず、凍りついた心をとかすことができるのは“真実の愛”だけだと教えられる。
クリストフはアナをハンス王子の元に送り届けることを決意する。

一方、アナの身を案じたハンスは、人々を引きつれて山に向かい、エルサの宮殿にたどり着く。

はたしてアナは真実の愛によって、助かることが出来るのか。
そして、エルサの運命は――?