劇団四季

 

ミュージカル『ノートルダムの鐘』

チケット&スケジュール
観劇はじめてガイド

2016年12月11日開幕!

はじめに Introduction

世界的文豪ヴィクトル・ユーゴーと
ディズニー音楽の巨匠アラン・メンケンが紡ぐ愛の物語

『ノートルダムの鐘』は、世界的文豪ヴィクトル・ユーゴーの代表作
「Notre-Dame de Paris(ノートルダム・ド・パリ)」に想を得た作品です。
これまでにも映画化、舞台化が繰り返されていますが、
劇団四季が上演するのはディズニー・シアトリカル・プロダクションズが製作し、
2014年に米国カリフォルニア州サンディエゴのラ・ホイヤ劇場で初演。

もっと読む

ストーリー Story

カジモドの切なく悲しい愛の物語。
そのなかに見出す、ひとすじの光とは――。

15世紀末のパリ。
街の中心に存在するノートルダム大聖堂の鐘突き塔には、
カジモドという名の鐘突きが住んでいた。
幼き時に聖堂の聖職者フロローに引き取られた彼は、その容貌から、
この塔に閉じ込められ、外の世界と隔離されていた。
塔上から街を眺めて暮らす日々。友と言えば、
何故か彼を前にした時に生命を宿す石像(ガーゴイル)と、鐘だけ。
いつも自由になることを夢見ていた。

もっと読む

お客様からのコメント Comment

200字コメント

ギャラリー Gallery

もっと見る

登場人物 Charactor

  • カジモド

    ノートルダム大聖堂の鐘楼に住み、鐘を突き続けてきた孤独な青年。
    生まれながらに異形の容姿を抱えるが、優しく純粋な心をもち、いつか外の世界で暮らすことを切望している。一方、彼を世話する主人・大聖堂聖職者フロローには忠実。年一度のらんちき祭りで、ジプシー娘エスメラルダと出会い、彼女を愛してしまう。
    Michael Arden and the Paper Mill Playhouse Company
    Photo by Matthew Murphy

  • エスメラルダ

    自由を愛する美しきジプシーの娘。
    彼女が披露する情熱的な踊りは、観る者を魅了する。決して偏見を持たず、権力にも屈しない勇気ある女性だが、その率直な物言いと行動が、面倒事に繋がることも多い。
    とあることがきっかけで、カジモドの最初の友人に。やがて大聖堂警備隊長フィーバスと出会い、恋に落ちる。
    Ciara Renée and the Paper Mill Playhouse Company
    Photo by Matthew Murphy

  • フロロー

    ノートルダム大聖堂で神に仕える極めて地位の高いカトリック聖職者。
    幼いカジモドを引き取って以来、彼を聖堂の鐘楼にて世話をしている。
    街の秩序維持のためと自由奔放なジプシーたちの追放を目論んでいた中、その一味のエスメラルダの虜となってしまう。正気を失い、情欲の赴くまま、彼女を自らのものにしようと画策を始める。
    Patrick Page and the La Jolla Playhouse Company
    Photo by Kevin Berne

もっと見る

もっと知る Learn More

演出 スコット・シュワルツ氏インタビュー

8年もの歳月を費やしてきた演出の核心に迫るインタビュー

もっと見る

チケットのご予約・公演情報のご確認はこちらから

チケット&スケジュール