ページ内を移動するためのリンクです。

200字コメント:心に残ったシーン、どうしても伝えたいこの感動、そして、観るのはこれからという方の期待の声。お客様から寄せられた感想・コメントを掲載しています。

左のメニューより、作品名を選択すると、各作品への感想・コメントを見ることができます。

下記の「新しいコメントを投稿する」ボタンをクリックすると、投稿画面が表示されます。

新しいコメントを投稿する
Now Loading...
現在メンテナンス中のため、閲覧のみが可能となっております。

入力内容をご確認の上、「修正する」か「投稿する」ボタンをおしてください。

ゲスト さん
コメントが採用された場合にはメール連絡を希望されますか?
四季の会会員番号
演目
ニックネーム
メールアドレス
タイトル
コメント

修正する

ご投稿ありがとうございました!

閉じる

ノートルダムの鐘へのコメント 542件

default
みぎちゃん さん
2020年03月03日(火) 22時12分17秒

荘厳な鐘の音と聖歌隊の歌声が劇場いっぱいに響きわたる。閉ざされた空間で、フロローの支配下で、生きてきたカジモド。でも、人を愛することを知り、それまでの自分の限界を、もがき苦しみながらも打ち破る強さを手にした。 そう、人生で、本当に大切なものは何なのか。これまで。今この瞬間。そしてこれから。自分の答えを探しながら、粛々と当たり前に過ごす。それが幸せなのかなと思った。

default
春佳 さん
2020年02月23日(日) 16時22分48秒

ノートルダム鐘は1番好きな作品で、4回目の観劇でした。毎回、舞台が綺麗で劇場に入った時の感動は止まりません。今回は今までで一番近い席で観劇しました。そのため、俳優さんの軽やかさや、気がつかなかった部分を発見できました。最後の方は涙が止まらず、終演して欲しくないという気持ちでいっぱいでした。また千秋楽に観に行きます。

default
匿名希望 さん
2020年02月23日(日) 09時47分04秒

京都でのノートルダム公演が終わり、福岡にもなかなか行けないのでとても寂しい日々。そのため、毎日のように聞いているサウンドトラック。毎回同じ箇所で、涙がこぼれます。フィナーレの「いつか愛に満ちた、あたたかな時代が来る」。この言葉で救われた気持ちになります。愛の形、希望、許す心、この物語が教えてくれた。聴く度に感謝の気持ちが溢れます。でもやっぱり劇場へ行きたい!今年は福岡へ観に行くことを目標にしたい。

default
沙希 さん
2020年02月21日(金) 21時01分34秒

この度、初めてノートルダムの鐘を観ました。「映画も地味だし、これはわりと劇団四季玄人向けだろうな」と思ってましたが、とんでもない。人間の美しさも、醜さも、全てが曝け出されている様はまさに人間謳歌と呼ぶのにふさわしい。フロローは間違ってないし、カジモドも正しい訳じゃない。変わらないのは、ノートルダムの鐘の響きだけという結末が何とも哀しく、美しかったです。絶対にまた観に行きます。

default
せるぶろっく さん
2020年02月20日(木) 16時21分12秒

今まで自分が正しいと思っていたことが、果たして本当に正しいのかと疑問を投げかけられる作品。美しい旋律とともに劇中で歌われるのは、共存することのできない正義と欲望。愛とは何か、正義とは何か、響き渡る歌声はクライマックスに近づくにつれより強烈に私たちに謎を投げかけてきます。人間と怪物、どこに違いがあるのだろう。

default
ノートルダムの鐘大好き さん
2020年02月18日(火) 13時50分44秒

自分は始めあまりおもしろくないだろうなと思っていました。けれども、最初のナンバーの「ノートルダムの鐘」を聞いた瞬間体が震えました。これはいつ見ても同じです。そこから、ノートルダムの鐘にはまってしまいました。ノートルダムの鐘の魅力はやはり歌です。特に声量がすごいです。これは、劇場に行かなければ体験することはできません。何回でも通って見たい作品です。

default
どくきのこ さん
2020年01月29日(水) 15時40分16秒

地味な作品なんだろうと思い込んでいました。違いました。ぜんぜん違います。開始1分後には脳が、心臓が、細胞が大きく揺さぶられて、気づけば終始涙がとまりません。悲しくて、かわいそうで泣くのではありません。歌声の響きに、キャストのみなさんからビシビシと伝わってくる生きる力に、込められたメッセージに。『正しさ』に押しやられて『自由』を選べない現代を生きる人々に、絶対観て欲しい作品。

帽子(ゴールド)
匿名希望 さん
2020年01月29日(水) 05時18分59秒

本当に大好きな作品。観劇するたびに自分の中での受け取り方、感じ方も変化し、毎回新たな感動と発見を与えてくれる舞台です。こんなにも心を引き込み、様々な事を考えさせてくれる舞台に出会え、生きていて良かったと心から思います。ありがとうございました。また必ず観に行きます。

default
ライ さん
2020年01月24日(金) 04時29分21秒

醜いと言われ孤独に暮らしていたカジモドにとって、エスメラルダと出会えたのはどんなに尊いことだったんだろう…私もこの作品に出会えたことで、人や物事との出会いを大切にしようと思うようになりました。自分も周りも、ひとりひとりが違う人間だから時に争うことがあっても、きっと受け入れあうことができるはずだということも。これからも多くの人とこの舞台の感動を共有したい。ずっと観続けたいと思います。ありがとう。

default
かーこ さん
2020年01月22日(水) 22時58分39秒

ノートルダムの鐘、京都千秋楽お疲れさまでした。京都には何度か足を運ぶことができました。エスメラルダが「いつか」で歌うような世の中になっているのかどうかは分からないけれど、この演目を上演すること自体がその世界への近道になるような気がします。カンパニーの皆様が届けてくれた祈りや問いかけを大切に受け止め、福岡での公演も楽しみに待っています!