ページ内を移動するためのリンクです。

200字コメント:心に残ったシーン、どうしても伝えたいこの感動、そして、観るのはこれからという方の期待の声。お客様から寄せられた感想・コメントを掲載しています。

左のメニューより、作品名を選択すると、各作品への感想・コメントを見ることができます。

下記の「新しいコメントを投稿する」ボタンをクリックすると、投稿画面が表示されます。

新しいコメントを投稿する
Now Loading...
現在メンテナンス中のため、閲覧のみが可能となっております。

一言から200字まで自由に、心のままに表現してください。 劇団四季idにご登録いただいている方は、
ご登録済みのニックネーム、プロフィールアイコンが掲載されます。

  • ※寄せられた感想・コメントのうち一部を掲載しています。投稿内容は編集する場合もございます。
  • ※劇団四季の発行する宣伝物に転載させていただく可能性もございますのでご了承ください。
  • ※ご返答が必要なお問い合わせはこちら
入力項目に誤りがあります。下記の内容をご確認のうえ、再度【確認】ボタンを押してください。
ゲスト さん
四季の会会員番号
※四季の会会員の方でidセンターにご登録されていない方は会員番号をご入力ください。
必須
演目
必須
ニックネーム
必須
メールアドレス
※メールアドレスは公開されません。
必須
タイトル
必須
コメント

200字以内でご記入ください。改行は反映されません。

必須
画像認証
不正な利用を防ぐため、認証を行います。
下記の指示に従って画像を○の中に移動してください。
このサイトを利用する場合、JavascriptをONにしてください。

入力内容をご確認の上、「修正する」か「投稿する」ボタンをおしてください。

ゲスト さん
コメントが採用された場合にはメール連絡を希望されますか?
四季の会会員番号
演目
ニックネーム
メールアドレス
タイトル
コメント

修正する

ご投稿ありがとうございました!

閉じる

ノートルダムの鐘へのコメント 292件

スター
yoka87 さん
2017年10月08日(日) 18時26分39秒

京都公演の千秋楽から何日も経ちましたが、まだまだ余韻が続いています。観劇を終え劇場を出たとき、いつもの景色がまるで違ってみえました。大人になってもこんなにも心が震え、動くことってあるんだな…と驚いています。今回は幼くて連れていくことのできなかった娘といつか必ず見たいです。終わったばかりですが、また関西に戻ってきてください。お待ちしています。素晴らしい作品を本当にありがとうございました。

default
アヒルのこ さん
2017年09月29日(金) 12時44分03秒

人間は怪物で怪物は人間で、どんなかたちや立場の命も慈しみ慈しまれるものなんだと思わせてくれる作品でした。私自身はどうなのか、と問われ試される内容だったと思います。 舞台最初の語り手からカジモドへ、そして最後のカジモドから語り手への変化が、人間の抱えている闇や矛盾を表出した様に感じました。そんな中でも人間の持っている希望や美しさを信じる事の出来るラストでした。 本当にグッときた!必ずまた観たいです。

ハープ(レッド)
あっこ さん
2017年09月29日(金) 02時22分00秒

初めて観た時からこの作品の虜になってしまいました。何度見ても毎回魂が震えるような感動があり、またすぐ観に行きたくなります。京都公演も千秋楽を迎えましたが、またぜひ、関西に帰ってきてほしいです。たくさんの感動をありがとうございました!

音符(レッド)
みー さん
2017年09月28日(木) 22時54分32秒

9月27日の公演を拝見しました。7月の初日以来でした。いつも、皆さんの素敵な歌と上手なダンスを、観させていただいて、パワーをたくさんいただいています。とても感動しました。カジモド役の田中さん、シンバ役とまた違い、心優しいカジモドで、フロロー役の野中さん、ムファサ役とまた違い、少しクールで、カジモド思いのフロローでした。陽ざしの中への曲が、頭の中に残っています。四季のミュージカルが、大好きです。

default
あいあい さん
2017年09月28日(木) 21時24分09秒

2度目のノートルダムの鐘です。オープニングから鳥肌。感動でぽろぽろと涙がでてきました。皆さんの歌声が心に響きました。千秋楽、何度も何度もカーテンコールありがとうございました。 今日は道化の祭りシーン舞台右側でのスリ現場をみちゃったのだ!!主要人物に目がいきがっですが私は見た。あー!!みちゃったよ。その後どうなったのかな?(笑)

ハープ(レッド)
ashley さん
2017年09月28日(木) 19時11分49秒

京都公演の千秋楽を観劇しました。感動をありがとうこざいました。こんなに心震えるミュージカル、最高です!キャストの皆さんの素晴らしい演技に感服。横浜公演も楽しみにしてます。しこし、ノートルダム・ロスが長いです。寂しいです。

default
匿名希望 さん
2017年09月28日(木) 17時59分39秒

京都公演千秋楽、お疲れさまでした!はじめの聖歌隊のシーンで歌声に圧倒されて鳥肌がたち、思わず涙がこぼれました。こんな経験は初めてで、自分でも驚きました。今日のために仕事がんばってよかった。出演者の皆さん、素晴らしい時間をありがとうございました!

default
メイとベル さん
2017年09月27日(水) 18時56分49秒

今日27日は先月30日以来、1ヶ月ぶりの京都劇場でした。田中さんのカジモド「陽ざしの中へ」は、最初から感激、宮田さんのエスメラルダ「タンバリンのリズム」は、このまま奇跡御殿に連れて行かれるような迫力でした。明日千秋楽なのが残念です。いつも感激する舞台をありがとう。

ハート(レッド)
まき さん
2017年09月25日(月) 12時00分50秒

圧巻。この舞台を表現する言葉が、これ以外に見つかりません。冒頭、カジモドが登場するシーンから一気に舞台に引き込まれ、最後、カジモドが1人の俳優に戻る瞬間、心が洗われたかの様に、すっと気持ちが軽くなります。見る度に色々考えさせられますが、この舞台に出会って、私は考え方が変わりましたし、人として少しずつ成長できているように感じます。また、横浜にも見に行けたら嬉しいです。ありがとうございました。

ハープ(レッド)
toku さん
2017年09月24日(日) 17時37分00秒

醜いことを理由に名前も存在も生き方も決められた主人公。年に一度の祭りの日に美しいジプシーに出会い、やがて彼は教えられ信じてきたことに背き、自分の意志を貫く。「罪人は罰を受けるんだ」ご主人様を葬った主人公はその罪をどう受けたのか。人間としての主人公の言葉から推し量るしかなかった。「あなたの心に何かが届いていますように」という歌声に私はうなづいていた。私の心は確かにざわついた。ありがとう。