ページ内を移動するためのリンクです。

200字コメント:心に残ったシーン、どうしても伝えたいこの感動、そして、観るのはこれからという方の期待の声。お客様から寄せられた感想・コメントを掲載しています。

左のメニューより、作品名を選択すると、各作品への感想・コメントを見ることができます。

下記の「新しいコメントを投稿する」ボタンをクリックすると、投稿画面が表示されます。

新しいコメントを投稿する
Now Loading...
現在メンテナンス中のため、閲覧のみが可能となっております。

入力内容をご確認の上、「修正する」か「投稿する」ボタンをおしてください。

ゲスト さん
コメントが採用された場合にはメール連絡を希望されますか?
四季の会会員番号
演目
ニックネーム
メールアドレス
タイトル
コメント

修正する

ご投稿ありがとうございました!

閉じる

ノートルダムの鐘へのコメント 424件

default
アクア さん
2019年03月25日(月) 20時52分37秒

奈良から電車で、初の名古屋四季劇場へ更に初のノートルダムの鐘! 最前列で観劇! 本当の教会の中に居る様で感激。カジモド役の田中君、エスメラルダ役の松山さんの汗だくで真剣な演技を見られて、感動を有り難う。次は京都へ必ず見に行きますよ。

default
四季っ子 さん
2019年03月16日(土) 20時04分59秒

久しぶりの名古屋四季劇場!神戸から新幹線で一時間、お友達と遠征してきました。歌声・ダンスに興奮(^◇^)四季最高!CDを毎日聴いていたので、イメージを描きながら見ていました!また観に行けたらと思います。

default
ミキ さん
2019年03月16日(土) 16時39分55秒

3月13日に名古屋にて観劇しました。 演出も素晴らしかったですし、 俳優さん皆さんの歌声に心を動かされました!! 観劇してから数日経ってもまだ感動が薄れません。 もう一度観劇したいと思って、京都に行こうかとも思いましたが、 待ちきれないので先程、名古屋の4月公演のチケットを予約しました。笑

default
ゆかりん さん
2019年03月11日(月) 21時17分42秒

初めての観劇で1日たった今でも感動と切ない気持ちが消えません。初めはアンサンブルの方が代わる代わる役を演じ、そのすべてが上手くキャラクターが立っていてすごい!と思いながら見ていました。だんだんカジモドの素直さやフロローの不器用さ、どちらもまっすぐな気持ちが歌や表情からひしひしと伝わり感動。ただ、1回では気持ちが消化でず、モヤモヤしながら今日を過ごし、我慢できずに先ほど2回目のチケットを取りました。

default
匿名希望 さん
2019年03月10日(日) 12時36分47秒

フロローの不器用さがとても切ない!カジモドは愛する弟の忘れ形見で愛しているけど、弟を奪った女の息子で憎しみもある。エスメラルダにも素直になれない。カジモドの醜さより、フロロー自身の心が制御できないのがすべての原因。どうしてもそんなフロローに感情移入してしまうので観た後は切なくてやるせない。こんな気持ちがあふれる舞台は初めてでした。

default
こころ さん
2019年03月08日(金) 12時30分31秒

魂の演技でした。どの役もとても重要で、いろいろな見方、それぞれの気持ちがあり、何度も観たくなります。メッセージ性の高い作品ですね。劇団四季の代表の演目になっていかれると思いました。ありがとうございます。

default
おさっぺ さん
2019年03月03日(日) 23時02分47秒

一昨年の京都公演以来、ノートルダムの鐘中毒になっています。歌やストーリーが素敵なのは勿論ですが、カジモドの登場シーンや石像の動きなど演出が斬新で何度観ても鳥肌が立ちます!また、最近は金本さんカジモドがピュアで大好きです。「陽ざしの中へ」や「世界の頂上で」の無邪気な姿。「石になろう」の絶望に打ちひしがれた姿。もう切なくて切なくて…。 まだまだ名古屋遠征もしますが、京都での再演も楽しみにしています♪

default
どんちゃん さん
2019年02月27日(水) 21時36分15秒

田中さんのカジモドの純粋な所と、フロローに対する怒り絶頂の所の演じ分けが凄すぎて、震えました!毎回、全身全霊で演じてらっしゃると思ったら、本当に素敵な役者さんだなと思いました。松山さんの踊りのキレと色っぽさもドキドキしたし、フィーバスの佐久間さんはイケメンすぎて眩しかった!何度見ても引き込まれるし、感じかたも違うし、人生で一度は見ておくべきもののミュージカルだと思いました!

default
匿名希望 さん
2019年02月24日(日) 14時40分59秒

劇団四季は初めての母と一緒に観劇。クワイヤの荘厳な歌声、アンサンブルの方々の見事な舞台転換や石像になったときの空気が止まったかのような演技にすっかり魅了されていました。2回目だった私は、松山さんのエスメラルダの凛とした声や迫力あるダンスに惚れ惚れ。「世界の頂上で」で高いところを怖がるシーンは可愛く、フロローと対峙する時の表情は強く、今回の観劇でエスメラルダの魅力を再発見できました。

default
匿名希望 さん
2019年02月24日(日) 14時31分05秒

身体や顔を歪ませたまま高音のナンバーを歌うカジモド、妖艶で激しいダンスを踊りながら伸びやかに歌うエスメラルダ、時には石に、時には市民になって臨場感を出すアンサンブルの皆様。観劇は2回目でしたが、役者さんの凄さを改めて実感しました!表情や細かい動きなどキャストによって違って、何度見ても夢中になれる舞台だと思います。何度でも行きたい!