劇団四季

アナと雪の女王

アナと雪の女王

アナと雪の女王

公演概要

公演期間

2020年9月10日(木)開幕~ロングラン上演

会場

NOMURA野村證券ミュージカルシアター JR東日本四季劇場[春]
(東京都港区海岸1-10-45 WATERS takeshiba内)

発売

2020年6月7日(日)「四季の会」会員先行予約開始
2020年6月14日(日)一般発売開始

※一部の日程・席を対象に事前抽選販売を実施予定。
※その他、料金・販売期間など詳細が決まり次第お知らせいたします。

はじめに

国内史上最も愛されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ映画がついに舞台化!
真実の愛によって解き放たれる二人の姉妹の物語

2020年9月、東京・竹芝エリアに誕生する新劇場・JR東日本四季劇場[春]。このオープニング作品として、ディズニー最新ミュージカル『アナと雪の女王』を上演いたします。
2013年公開の劇場版長編アニメーションを基に創作されたこの作品は、2018年3月、ブロードウェイ初演。全世界のアニメーション映画興行収入歴代1位の記録を持つ名作の舞台化は、開幕するやいなや世界中で話題をさらいました。

ミュージカルでは、アニメーション版で監督も務めた脚本のジェニファー・リーが、アニメーションのストーリーラインを踏まえながら、キャラクター造形や心情描写、それぞれの関係性をより丁寧に描き、奥行きあるドラマへとさらに深化させました。
作詞・作曲を手掛けるのは、「Let It Go」でアカデミー歌曲賞を受賞したロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペス夫妻。「生まれてはじめて」「雪だるまつくろう」などのオリジナル楽曲に加え、10曲以上もの新曲が追加されています。

凍った世界を救う真実の愛とは──絆で結ばれた二人の姉妹が織りなす物語は、再び日本に愛と感動を届けてくれることでしょう。
また2020年は、劇団四季とディズニーの提携25周年という節目の年。この記念すべき年に、待望の超大作ミュージカル『アナと雪の女王』が、新劇場のグランドオープンを飾ります。

ストーリー

凍った心をとかす真実の愛とは―
望まない魔法の力をもった姉と、その姉を慕う妹の冒険が始まる。

アレンデール王国の幼い王女、エルサとアナはとても仲の良い姉妹。
雪や氷を操る魔法の力をもつ姉のエルサは、ある夜、誤って妹のアナの頭に魔法を当ててしまう。氷のように冷たくなったアナを助けるため、王妃は「ヒドゥン・フォーク」を呼び寄せると、彼らの長パビーはアナにかけられた魔法を取り除いてくれた。
自分の魔法の力も消してほしいと頼むエルサにパビーは、その力はエルサの一部であることを告げる。

王と王妃は、エルサが力をコントロールできるようになるまで城の門を閉ざし、すべての人々から魔力を隠すことを決意する。その日からエルサは自分の部屋に閉じこもり、年を経るごとに強くなる魔力と孤独に、追い詰められていく。
一方、いくら呼んでも姿を見せない姉に、アナは寂しさを募らせる。
そんなある日、王と王妃は帰らぬ人となる。

やがて訪れた戴冠式の日。長い間閉ざされていた城の門が開く。
お祝いに沸き立つ城内で、アナは南諸島のハンス王子、そして山男のクリストフに出会う。一方、エルサは何とか無事に戴冠の儀式をやり遂げ、アレンデールの女王となった。

戴冠を祝うパーティの場で、久しぶりの姉妹の会話を楽しむ二人。
そのなかで、アナとハンスはすっかり意気投合し、結婚の約束をする。
アナはエルサに結婚の許しを得ようとするが、理解されず言い争いになり、感情を抑えきれなくなったエルサは城の広間中に氷の魔法を放ってしまう。
「怪物だ!」と騒ぐ人々を後に城を逃げ出すエルサ。

協力してエルサの行方を追うことになったアナとクリストフは、昔幼いエルサとアナが作った雪だるま「オラフ」と出会う。オラフの案内で山の奥に向かう途中、アナは町が雪で覆われているのを目撃する。

その頃、一人きりで自由に生きることを決意したエルサが、長年抑えていた魔法の力をすべて解き放つと、美しい氷の宮殿ができ上がるのだった。

氷の宮殿にたどり着いたアナたち。アレンデールに戻り雪を溶かすようエルサを説得するが、町が雪で覆われていることを知ったエルサは、絶望し再び感情を制御できなくなってしまう。エルサの魔法が四方八方に放たれ、アナの心臓を直撃する。
エルサはクリストフにアナを守ってくれるよう頼み、魔法で全員を宮殿の外に吹き飛ばす。

幼い頃に「ヒドゥン・フォーク」に助けられ家族同様に育てられたクリストフは、彼らに助けを求める。
しかし魔法を受けたのが心臓であったことから、パビーには助けられず、凍りついた心をとかすことができるのは“真実の愛”だけだと教えられる。クリストフはアナをハンス王子の元に送り届けることを決意する。

一方、アナの身を案じたハンスは、人々を引きつれて山に向かい、エルサの宮殿にたどり着く。

はたしてアナは真実の愛によって、助かることが出来るのか。
そして、エルサの運命は――?

キャラクター紹介

写真:エルサ
※写真は海外公演より

エルサ

アレンデール王国の王女。責任感が強くしっかり者。雪や氷を操る魔法の力をもっている。幼いころ、魔法によって大好きな妹のアナを危険な目にあわせてしまったことからその力を恐れるように。人目を避け、感情をおさえて生きてきた。両親の突然の死により、アレンデールの女王となる。

写真:アナ
※写真は海外公演より

アナ

アレンデール王国の王女で、エルサの妹。無邪気で明るく、前向きな性格。幼いころ姉エルサの魔法で危ない目にあったが、そのときの記憶はなく、なぜエルサが自分の部屋に閉じこもってしまったのかが分からず寂しい想いを抱えていた。閉ざされたお城で育ったため、外の世界に憧れ、真実の愛を見つけたいと願っている。


クリストフ

氷を売って生活している山男。エルサの魔法で夏の吹雪に見舞われてしまい、商売が台無しに。山でエルサを探していたアナと再会し、手助けをすることになる。トナカイのスヴェンが相棒。「ヒドゥン・フォーク」に家族同様に育てられた。

スヴェン

クリストフと常に一緒に過ごしているトナカイで、氷売りのそりを引いてくれる相棒。言葉を話さないスヴェンの思いを、クリストフが勝手に代弁することも。お互いに信頼で結ばれている。

ハンス王子

南諸島の小さな王国の王子で、12人の兄がいる。礼儀正しく、ハンサム。エルサの戴冠式の直前に、アナと出会う。お互いに孤独感を抱いていることに気付いて、意気投合した二人は出会ったその日に結婚を約束する。

ヒドゥン・フォーク

不思議な力を持つ。長であるパビーは、幼いエルサが誤ってアナを傷つけた時、アナを助ける。

オラフ

アナとクリストフが山で出会ったしゃべる雪だるま。実は幼いころのエルサとアナが、それぞれのおもちゃを使って作りだした雪だるまだった。夏に憧れていて、ハグが大好き。

見どころ

「Let It Go」など珠玉のナンバーに10曲以上の新曲――再び日本に“アナ雪旋風”を巻き起こす

2013年公開の長編アニメーション「アナと雪の女王」。アカデミー賞では、ディズニーアニメーション初となる長編アニメーション賞と、歌曲賞をダブル受賞。全世界興行収入はアニメーション映画史上歴代1位を誇り、日本でも歴代3位、国内公開アニメーションでは2位の成績を収めました。
この歴史的な大ヒットをもたらした理由の一つは、なんといっても音楽の魅力。
すべてのナンバーの作詞・作曲を担当したのは、ロバート・ロペスとクリステン・アンダーソン=ロペス夫妻。ロバートは、史上12人目の“EGOT(エミー、グラミー、オスカー、トニー賞のすべてを受賞した人)”として知られており、ディズニー/ピクサーアニメーション「リメンバー・ミー」(2017年)では「Let It Go」に続き、夫婦二度目となるアカデミー賞歌曲賞を受賞しています。

今回の舞台化にあたって、ロペス夫妻は10曲以上の新曲を追加。キャラクターたちにさらなる魅力と深みを与えることによって、大人の観客の心にダイレクトに迫る感動を届けます。そして、訳詞、日本語台本は、映画の訳詞を手がけた高橋知伽江さんが担当。より深い感動をもたらすミュージカル『アナと雪の女王』は、ふたたび日本に「アナ雪」ブームを巻き起こすことでしょう。

大人のための上質なドラマ――真実の愛が結びあわせる、姉妹の絆

優雅で落ち着きがあり慎重に行動する姉のエルサ。一方で、明るくポジティブで、感情的な妹のアナ。ミュージカルでは、この対照的な性格の二人の姉妹の絆をよりていねいに描くことで、物語をさらに深みのある人間ドラマへと深化させています。

とりわけ、エルサの心情や行動には、多くの観客が強く共感することでしょう。魔法の力を持つエルサが、自らの感情を抑え自問自答しながらも、 ついに自分を解放し、自由を高らかに歌い上げる「Let It Go(ありのままで)」。また演出を手掛けるマイケル・グランデージは、この舞台版にあたって彼女を現代を生きる等身大の女性として描写。さらに、エルサが葛藤をうたいあげるビッグナンバー「Monster」を追加することで、自分という存在への問いと、自己を肯定するメッセージをより鮮明に伝えているのです。

姉妹が追い求める真実の愛。彼女たちの冒険と成長の物語は、自分と他者を共に愛すことの尊さを伝え、今の時代を生きる人々に共感をもたらします。

“劇場が凍る”――驚きと興奮に満ちた、魔法による美しい雪と氷の世界

演出はマイケル・グランデージ(2010年『Red』にてトニー賞受賞)、振付はロブ・アシュフォード、また装置・衣裳デザインは、クリストファー・オラム(2010年『Red』、2015年『ウルフ・ホール』にてトニー賞受賞)が担当。
物語のもう一つの主役ともいえる雪と氷の世界を、演劇的想像力と最新技術を融合させた手法で、劇場空間いっぱいに表現。幻想的で鮮烈な世界を作りあげています。

なかでも特筆すべきは、物語の重要ポイントでもあるエルサの魔法と、彼女がつくり出す雪と氷の世界の表現。粉雪、吹雪、深い雪、白く輝く雪片、氷の結晶、鋭く尖った氷柱......さまざまな表情を持つ雪と氷を、本物そっくりの質感で再現する一方、エルサから放たれる魔法は、まるで彼女の感情に沿うかのように形を変えていきます。
例えば、幼い姉妹が遊ぶシーンでは柔らかな紙吹雪で、また恐怖を感じる時には、鋭く立体的な氷の柱で魔法の力を表現。エルサが自身を解き放ちつくり上げる氷の宮殿には、本物のスワロフスキーガラスをあしらい、眩いほどの美しい氷の輝きが表現されています。さらにエルサが激しい混乱にある時には、厳しい吹雪が吹き荒れ、劇場空間ならではの演出で描かれます。
こうした多種多様な手法に最新鋭のプロジェクションマッピングとLEDパネルが組み合わさることで、観たこともないような煌めく銀世界が作り上げられていくのです。

劇場全体を凍りつかせるほどのスケールの大きさで表現される美しい雪と氷の世界──この新しい魔法は、観客をこれまで体験したことのない興奮の渦へと誘うことでしょう。

「Let It Go~ありのままで~」あの名訳が再び――高橋知伽江さんによる日本語台本と訳詞

ミュージカル『アナと雪の女王』劇団四季版の日本語台本と訳詞を担当するのは、アニメーション版で訳詞を手がけた高橋知伽江さん。「Let It Go~ありのままで~」のナンバーは日本中を駆け巡り、その訳詞の巧みさが大きな話題となりました。
以前、劇団四季に在籍し、『クレイジー・フォー・ユー』の訳詞やファミリーミュージカルの台本の数々などを産み出した高橋さん。2015年日本初演を迎えたディズニーミュージカル『アラジン』では日本語訳詞を担当、第23回読売演劇大賞で優秀スタッフ賞を受賞。さらに『ノートルダムの鐘』(2016年開幕)、『パリのアメリカ人』(2019年開幕)では訳詞だけでなく、日本語台本も手掛けられています。

ディズニー映像作品では、「アナと雪の女王」の他、「魔法にかけられて」(2008年日本公開)、「塔の上のラプンツェル」(2011年日本公開)、実写版「美女と野獣」(2017年日本公開)等でも日本語訳詞を担当。
「原詞のエッセンスを正確につかみ取り、その詞のイメージを大胆に“日本語”として再構築する」――現代の日本において、高橋さんはその第一人者なのです。

エルサとアナ――自らの意思で未来を切り開く、二人の現代のプリンセス

ディズニーアニメーションで人気のあるヒロインたち、「ディズニープリンセス」。
人々の心をつかみ、一種の憧れの存在にまでなっている彼女たち。なぜ人々の心をつかんで離さないのか──。それは「容姿の美しさ」や「高貴な位」といった表面的な理由からだけではなく、自らの人生を自分で選び取る「自立心」や「挑戦心」、困難に立ち向かう「勇気」といった内なる魅力に、人々が共感するからではないでしょうか。

このミュージカルの主人公、エルサとアナについても、自らの意志で未来を切り開こうとする姿が描かれます。特にエルサは、心に大きな闇を抱え、自らが何者であるかという自問自答を繰り返しながら、自分の進む道を選択していきます。さらに二人は、運命の王子様とのロマンスだけではない、姉妹や家族、友情などの様々な愛の形、そしてその深さをそれぞれの旅を経て見つけていくのです。

この二人の姉妹のような、これまでの価値観にとらわれず、自ら選択し決断し続ける女性の姿には、誰もが共感を覚え、また眩しさをも感じさせることでしょう。
『アナと雪の女王』のエルサとアナは、いまを生きる人々に大きなエールを送り続けるキャラクターなのです。

ディズニーと劇団四季の25年

成功を収め続けて四半世紀、ディズニーと劇団四季のパートナーシップ

ディズニー・シアトリカル・プロダクションズと劇団四季とのパートナーシップは、同社が初めて手がけたミュージカル『美女と野獣』より始まります。 同名アニメーション映画を華やかに舞台化したこのミュージカルは、1994年に開幕。同社初のブロードウェイ・ミュージカルは世界中の注目を集め、その彼らが日本の提携先として選んだのが四季でした。 翌95年、四季による日本公演が開幕。東京・大阪で東西同時ロングラン公演を行い、日本興行界初の挑戦は大きな成果を挙げました。

98年には、ディズニーと四季の提携作品第2弾としてミュージカル『ライオンキング』が開幕。この作品でも、四季は東西同時上演に挑戦。東京は四季劇場[春]オープニング作品として開幕、2017年7月からは四季劇場[夏]に会場を移し、ロングラン公演は20年超。通算公演回数は日本演劇史上最多の12,000回を超えます。

以降も、『アイーダ』(2003年)、『リトルマーメイド』(2013年)、『アラジン』(2015年)、『ノートルダムの鐘』(2016年)を上演。 数々の画期的な試みとともに築かれてきたディズニーと劇団四季の25年。観客動員数はのべ2,400万人に及び、日本人の約5人に1人が四季のディズニーミュージカルを観たこととなります。

四半世紀の長きにわたり積み上げられたノウハウと信頼関係が生み出すこのコラボレーションは他の追随を許さず、確固たる「ディズニー|四季」ブランドを確立。2020年、その一つの到達点『アナと雪の女王』が、新たな感動を創り出します。

Disney * 劇団四季 25周年

劇団四季の新拠点
JR東日本四季劇場[春][秋]2020年オープン

2020年、東京・竹芝エリアに誕生する二つの新劇場。
JR東日本四季劇場[春]では、オープニング作品として『アナと雪の女王』を上演します。旧・四季劇場では、1998年から2017年までの19年にわたり、劇団四季の首都圏での活動拠点として、お客様と多くの感動を分かち合ってきました。この伝統と歴史を受け継ぎながら、新たな時代に文化・芸術のイノベーションを起こす場として、JR東日本四季劇場[春][秋]が誕生します。

JR東日本四季劇場[春]イメージ

ニュース

ロゴ:四季の会今すぐ申込もう
「四季の会」
入会のご案内

「四季の会」では、舞台をもっと楽しく、もっと気軽にご覧いただけるようさまざまな特典をご用意しています。

※『アナと雪の女王』で「先行予約」「チケットの会員料金」がご利用いただけるのは、【フルコース】ご選択の方となります。ご入会手続きの際のコース選択にご注意ください。

1. チケットが早く買える

「四季の会」では、一般発売に先がけて、ご予約をお受けしています。

2. チケットやプログラムが安く買える

ご本人様はもちろん、ご家族やお友だちの分も会員料金でお求めいただけます。

3. 作品がもっと面白くなる

劇団四季の情報がいっぱいの会報誌「ラ・アルプ」を毎月お届けします。

ロゴ:劇団四季idセンターインターネットでいつでも
劇団四季idセンター
のご案内

劇団四季idにご登録いただくとあなただけにお得な情報や便利な機能を配信します。

1. idメールサービス

四季の最新情報を、タイムリーにお届けします!

2. メールコンシェルジュ

あなたに、いち早く空席情報をお知らせします。

3. チケット出品機能

急な用事で観劇に行けなくなった時などチケットを出品することができます。